teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「スポ少秋季新人大会」 1回戦 荒川戦:週末「ビッグ」2試合 / 食らいつき、意地を見せる!

 投稿者:監督  投稿日:2018年 7月20日(金)06時56分53秒
  東京は連日35度です。
青森もとても暑くなって今日の最高気温は30度の予報で、これから連続の暑さになるようです。

昨日の「スポ少秋季新人大会」監督会議で、組み合わせが決まりました。
参加チームは、春季大会より「3」減の15」で、年々少なくなっています。

抽選の結果、
○8/12(金) 9:00~1回戦 荒川クラブ戦:浪岡北小 で行われます。

これまでの6年生相手から、今度は5年生相手です。
これまでの練習・試合の経験を生かし、みんなの力で勝利を勝ち取ってほしいですね。

週末の予定は、
7/21(土) 11:00~「ビッグウエストカップ」3戦目 浪岡北BBC  :浪岡北小
7/22(日) 10:00~「    〃     」最終戦 チーム浜田:浜田小

この2試合で、「あおもりカップ」に続いて、「ビッグウエストカップ」が終了となります。少しでも6年生に食らいつき、意地を見せてほしいですね。
 
 

訂正

 投稿者:監督  投稿日:2018年 7月19日(木)07時26分55秒
  一昨年まで参加していた新人大会は、昨年 メンバー不足で残念ながら不参加としました。

※前述の書き込みで、誤りがあり訂正します。
 

今日は「スポ少秋季新人大会」監督会議:昨年は不参加 / 精一杯頑張ってほしい!

 投稿者:監督  投稿日:2018年 7月19日(木)07時23分49秒
  今日夕方から「スポ少秋季新人大会」の監督会議があります。
昨年まで参加していた新人大会は、メンバー不足で残念ながら不参加としました。

今年は、「学童大会」、「スポ少春季大会」に参加し、今回の新人大会にも参加できることがとても嬉しいです。今年冬の父母会を毎月開き、「メンバーの確保」について協議をし、チーム一丸となって取り組んできました。

しかしながら、なかなかその効果はありませんが、なんとか各種大会には参加することができました。その意味においては、新人大会参加はとても嬉しく、子供達も期待しています。

なんと言っても、これまでの試合は6年生が相手でした。今回の新人大会では5年生が最上級生となり、ようやくヤンヤンでも対等の学年同士の試合となります。ただ、ヤンヤンはこの新人大会でも5年生がわずか1人という状況ですので、これまでとほとんど同じ厳しい状況を迎えています。

対等の試合ができれば、同じ学年同士の試合であればと思いながらも、昨年から既に1年を迎えます。ホント、年月の経過はとても早いです。

厳しい状況ではありますが、今回こうして新人大会に参加できますので、精一杯頑張ってほしいです。監督会議には、Y翔のお父さんに出席してもらいます。
いい抽選をひいてほしいですね!

 

遠く愛媛県からヤンヤンの応援:りっぱに成長したOBにとても嬉しい!

 投稿者:監督  投稿日:2018年 7月18日(水)07時22分14秒
  先週行われた「三和あすなろ戦(三内小)」の時のことです。

試合前に練習している間、グランドの隅からヤンヤンの練習を見ている一人の大人の方がいました。ずーっとこちらを見ているので、ヤンヤンに関心があって見ているのかなと思っていました。はっきりと顔がわかりませんでした。

練習が終わり、ベンチに引き返してくると、そこへ飲み物が入った大きなナイロン袋を両手で抱えてきた先ほどの方がやってきたのです。見ると、なんとOBのT弥でした。今年で19歳になり、ヤンヤンを卒業して以来、初めて見ます。実に7年ぶりです。

もっともこの子は6年生でヤンヤンを卒業しましたが、お父さんの都合で四国の愛媛県今治市に転向しました。年賀状等のやり取りしてましたが、まさかこの場所で会えるとは夢にも思いませんでした。(弟は1年生に入部し、その年に転向しました)

よくよく話を聞いてみると、仕事の関係で青森市で3カ月間 研修にやってきたとのことででした。この日の日程はヤンヤンのHPで知り、わざわざ子供達にジュースと塩あめを買って来てくれました。成長した体格、顔つきは、最後の小学校6年生の頃の面影を残しながらも、りっぱに成長していました。

わざわざ会いに来てくれて、とても嬉しく、とても驚きました。
ちなみに この子の仲間は、昨年甲子園に出場したS太で、S太がピッチャー、T弥がキャッチャーでバッテリーを組み、全国大会には出場できませんでしたが、「県少年野球大会」で青森市の代表としてベスト4の成績でした。
 

三和・浪岡南戦は今年初勝利、しかも2連勝:もっともっと練習し、力をつける!

 投稿者:監督  投稿日:2018年 7月17日(火)06時49分54秒
  3連休は、とても疲れました。
7/14(土)は自宅7:30~16:00練習、15(日)は8:00~17:30 2試合、16(月)7:30~16:00 チビッ子夏季本大会。気温30度を超えるとても暑い日の連続でした。

15(日)の2試合はともに勝ち、今年初めての勝利。そして、何と2連勝でした。良かったね!

【三和あすなろ(4年以下):三内小、浪岡南エンジェルス:浪岡南小】
☆三和戦 ○15-2:今年のチームの中心は4年生で、昨年の経験、そして今年の練習・試合の経験が試合を決定付けました。

試合慣れしていない相手チームとは対照的に、投げて、守って、打って、走って。試合前から予想していましたが、そのとおりの展開となりました。相手の守りはまるで昨年・今年のヤンヤンを見ているようでした。入部したての2年生2人、先日入部した4年生の子も元気にプレーしました。

☆浪岡南戦 ○17-8:午前に続いて前半のイニングに投げたキャプテンが先発。これまでにないボールが走っていました。2番手のH麻は四球を出しながらも伸びのあるボールを投げて、これまでにない安心感がありました。

相手の四球、エラーに助けられた部分がありましたが、キャッチャーの声がけがあり、ヒットを打ってない子が初ヒットを放つなど嬉しい出来事がありました。6年生相手に勝利できました。

4年以下の試合を振り返り、何と言っても練習の大切さを感じました。そして、日々の練習の継続がいかに大事かを改めて思いました。

2試合を通じて、これまでと同じですが、ちょっとしたミス・エラーで点を入れられていましたので、もっともっと練習し、もっともっと力をつけたいと思っています。

※昨日16(月)に行われた「チビッ子夏季本大会」は、昨年秋から3季続けて浜館ジュニア倶楽部と奥内BLUE BAYSの頂上決戦は浜館が奥内を7-0(6回コールド)と投打に圧倒し、3季連続の優勝を果たしました。
 

週末3連休を頑張る / この時期 一番練習できる:8月以降の新人戦を目標に練習!

 投稿者:監督  投稿日:2018年 7月13日(金)06時20分14秒
  7月に入り、今の放課後が一番練習できる時期です。
その7月も既に半ば、夏休みももう真近かです。

週末の予定は、
7/14(土) 終日練習:ろう学校
7/15(日) 10:00~練習試合(4年以下) 三和あすなろ:三内小
7/15(日) 13:30~練習試合 浪岡南エンジェルス    :浪岡南小

7/16(月) 「第40回 青森市チビッ子野球夏季記念本大会」:浜館小
①準決勝  9:00~ T.TGUTS       - 奥内BLUE BAYS
②準決勝 11:00~ 浜館ジュニア倶楽部 - 造道BB
③決 勝 14:00
 ※ヤンヤンは予選落ちですので、練習休み
  ただし、閉会式には、4~5年参加

春からの各種大会を終え、「あおもりカップ」(7/8のイースト戦を終え終了)、「ビッグウエストカップ」は浪岡北BBC、チーム浜田戦の2試合を残しています。(7月に2試合予定)

8月以降、5年以下の新人戦が始まります。
そのためにも、週末の2試合、そして、残りの「ビッグウエストカップ」2試合で現在の戦力を自覚・確認し、さらなる練習を積み重ねてほしいです。


 

「45年」の時が流れ、多くの父母の皆さんに助けられた:

 投稿者:監督  投稿日:2018年 7月12日(木)07時20分10秒
  今年春の「学童大会」に向けて、メンバー不足で参加が危惧されていましたが、かろうじて何とか出場できました。

その3月には、1人でもメンバーを確保するためにも、OBの父母の皆さんに「勧誘」のメールを次々と発信しました。「監督頑張って・チームを心配する内容等」、励ましのメールの返事をいただきました。

でも、その効果はありませんでした。今年が「45周年記念」を迎えることから、OB、OB父母の皆さんに「ヤンヤン、元気で頑張ってるよ」といったことの話をしたかっただけに、「現在のチームの危機」を伝えるにはすごく心苦しかったです。それも考えすぎたことで、多くのメールからはとても元気づけられました。

ここ数日、「創立45周年記念会」の出欠が郵便物、そして、直に我が家に報告していただいています。OBのお母さんとは久しぶりに会い、その後の状況・子供達の近況報告などしていただき、とても懐かしく思っています。何か、時間が経つのも忘れるような感じです。

ヤンヤンを始めて以降「45年」。
長い時間が流れました。多くの子供達、父母の皆さんとお付き合いしてきました。
改めて、この「45年」の長い期間に、多くの父母の皆さんに助けられてきたんだなとしみじみ思っています。
 

来る8/19(日)に 「創立45周年記念会」 開催:OBと会えるのがとても楽しみ!

 投稿者:監督  投稿日:2018年 7月11日(水)07時26分25秒
  昭和49年4月29日に誕生した「ヤンヤン」は、今年で「45周年」を迎えます。

「創立45周年」を記念し、来る8/19(日)にウエディングプラザ「アラスカ」で記念会を開催することで進めています。

これまでも、3周年からは始まり、5周年、10周年、15周年、20周年、25周年、30周年、35周年、40周年と節目ごとに記念会を開催し、これまでの足跡を振り返り、そして、未来へ元気に進もうとチームの結束を図っています。

10周年をスタートに、5年ごとに開催していることから、オリンピックに例えて「ヤンヤンピック」と称し、10周年を1回目とし、今年の「45周年」は「8回目」となり、「第8回 ヤンヤンピック」としています。(オリンピックは4年ごと、ヤンヤンピックは5年ごとに開催)

この記念会に向けて、すでに現役・OB、そして、父母に開催案内を出しています。その出欠の返事が届いています。記念会に向けては、さまざまなことを準備しなければいけませんので、その日のために、自分ながらに少しずつ進めています。

「40周年」からもう5年が経ちます。
実に早いものです。早く感じます。チームを巣立ったOBに会えることが何より楽しみです。
今、どうしてるかな、頑張ってるかな、野球をやってるかな、成長しただろうな、など。
でも、仕事等でなかなか出席できないのも現実ですが、今も以前と同じく「ろう学校でヤンヤンやってますよ」「いつでも、ろう学校に顔を出してくださいね」「監督、まだ頑張ってますよ」と言いたいですね。

これからも、記念会までにいろいろと動きがありますので、その都度 紹介していきたいと思っています。

みんな、記念会に参加してくださいね。
 

甲子園青森大会始まる / OB 1年2人が出場:持てる力を最大限に発揮し、悔いのない夏を送ってほしい!

 投稿者:監督  投稿日:2018年 7月10日(火)07時27分34秒
  いよいよ夏の甲子園大会が始まりました。
節目の100回大会です。参加チームは59チームで、高校球児の憧れの舞台である甲子園出場を目指し熱戦が繰り広げられます。

昨年は、青森山田が8年ぶりに優勝し、甲子園出場を果たしました。
ヤンヤンOBのS太がチーム始まって以来、初の夏の甲子園大会出場となりました。(前年の3月にも、初めてセンバツの甲子園に出場し、私自身 初めて甲子園に出かけ応援しました)私自身にとって、チームにとって大きな大きな喜びで、励みとなりました。

昨年の甲子園の青森大会には、S太を含め当時のヤンヤンの仲間 5人が開会式に参加し、目標の甲子園大会を目指しました。

今年の大会の名簿を見てみると、3年、2年のOBの名前は載っていませんが、何と1年の子が2人載っていました。(もっとも3年のOBはありません)青森北高のY雅、青森高のYの2人です。Y雅は昨年西中が全国大会に出場した時のキャプテンです。Yは昨年ヤンヤンのM弘キャプテンの兄です。

この1年組はヤンヤン当時、県チビッ子大会、秋田県小友ドリーム杯で優勝、チビッ子大会3連覇、さらに多くの大会で好成績を収めたメンバーでした。それだけに、今回は2人だけの出場となりましたが、今回出場できなかった期待できる子がたくさんいますので、これからの練習を頑張り、秋、そして、来年の大会には出場できるよう頑張ってほしいです。

どのチームも、2人のOBも、今甲子園大会に持てる力を最大限に発揮し、自分の役割をしっかり果たして、悔いのない夏を送ってほしいです。
 

「あおもりカップ」最終戦 イーストにコールド負け:練習でできないことは、試合でもできない!

 投稿者:監督  投稿日:2018年 7月 9日(月)07時25分4秒
  週末2日間、サンドームでの練習・1試合ができました。

7/7(土)は天気予報どおりの雨で、午前会議室、午後グランド(サンドーム)で汗を流しました。
外が雨で、グランドでの練習がとても心地よかったです。でも、内容はパッとしたものではありませんでした。子供達には、お金をかけて使用できることを理解してもらいました。

翌8(日)は、「あおもりカップ」最終戦 イーストジュニア戦で、ヒット、エラー、四球で大量点を入れられ、と言うより与えて●1-20?で、何点入れられたかわかりません。がっかりです。

午後の「ビッグウエストカップ」3戦目浪岡北BBC戦は前日の別の大会が雨で順延となり、この日が重複することになり、試合は中止となりました。午後はサンドームで練習しました。

【イーストジュニア戦】
初回表の攻撃は、相手のエラーで幸先の良い1点を先取しました。
裏にはネットに直撃されましたが、セカンドでアウトを取ることができ無得点に抑えました。盛り上がったのはこの時までです。

ランナーを背負って今いちできないことが、守りきれないことです。
どうしてもランナーが気になるのか、タイムリーエラーが出ます。なんでもない点を与えている現状がとてももどかしいです。

前日の練習でも強く言い聞かせましたが、練習でできないことは試合でもできません。ファーストへの送球、ファーストの捕球、ランナーがいる時の次のプレー、キャッチャーの声がけ・指示が全くできず、練習の中断です。これまでも何十回となく注意されていることが、今でもできていません。

試合にはその悪いことが出て、簡単に点を与えている現状です。
自分に課せられているものが何か、どうすべきかが今もってわからない状況です。なんとも情けないです。

毎回毎回同じことのエラーを見て、どうしたら良いもんかなと心から思います。
取って、投げて、アウトにすればいいことなのですが、その意識が足りないということでしょうか。

また、打っては快音はきかれず、なかなかチャンスは作れませんでした。1回に流れを作ったにもかかわらず、自らエラー等で流れを相手に渡しています。もっとも相手が高学年で仕方がないことですが、「勝ってやる!」そんな強い気持ちを持って試合をしてほしいですね。

基本のキャッチボール、いい球を打つ、リードを取って走る。
当たり前のことを、繰り返し繰り返し練習してほしいです。

 

レンタル掲示板
/238