teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


青森西中 県大会敗れる:青森山田中 2つの全国大会出場 / 私の喜び、チームの励み!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 7月19日(水)07時34分54秒
  昨日の東奥日報の夕刊に(朝刊休み)、県中学校体育大会の軟式野球の部門の結果が掲載されていました。16日が雨で順延されたようで、青森西中:OB 中34人出場 が、1回戦田名部を破ったものの、準々決勝の十和田に敗れました。3月の全国大会に続いて、最後のチャンスでしたが再度の全国大会への夢は絶たれました。先日、運動公園前で ランニングに出るY雅(西中キャプテン)と会いましたが、なぜか印象的でした。

でも、この経験をこれからの野球人生に生かしてほしいですね。
ご苦労様でした。

昨日の青森放送のテレビに、青森山田中 の野球部が放映されていました。OB 中3 2人がバッチリと映っていました。

それは、青森山田中は1つは、8/3から始まる「日本リトルシニア選手権大会」出場、2つは、8/14から始まる「全日本中学ジャイアンツカップ」出場することから、青森市長への表敬訪問でした。4人の選手の登場で、その中の2人がOBでることから”あずましく”見ることができました。なかなかOBの子をテレビでは見ることができないため、とても新鮮でした。

3月には、青森西中が同じようにテレビ放映されました。
青森山田中の2つの全国大会での健闘を期待しています。
「青森山田中 頑張れ! K大、K冶 頑張れ!」

OBの活躍は、私自身の喜びです。チームの励みです。
とても嬉しいです。みんな、これからも頑張ってね!
 
 

「あおもりカップ」 外ヶ浜戦 暑い中よく頑張った / 基本が大事:「チビッ子夏」 浜館が優勝!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 7月18日(火)07時18分41秒
  3連休は、15(土) 「あおもりカップ」外ヶ浜ジャッキーズ戦 ●0-28 蟹田球場で大敗でした。
16(日) 「ビッグウエストカップ」 勝田クラブ戦は、雨のため中止となり、後日日程を調整することになりました。17(月)は、「チビッ子夏季大会 本大会」が浜館小(当初は三内西小、グランド状況が悪く変更)で行われ、決勝では浜館ジュニア倶楽部が小柳野球倶楽部を倒し、春に敗れた雪辱を果たしました。

15日の土曜日は、全国的に暑く、青森も33度を超えていました。蟹田も同様です。午後の試合でしたが暑さの中での試合となりました。低学年が主体と言うこともあり、体調を崩さないよう、そのことだけが頭にありました。

3年の子が投げ、4年の子が受け取るバッテリーでは、結果は目に見えています。試合の途中、中でも守っている時間が長く、タイムを取り水分捕球をお願いしました。力の差と言うより、本来の野球ができないチーム状況でしたが、暑い中 よく頑張ったと思います。

これからも、何といってもキャッチボールが大事です。
毎日毎日、このことをいい続けています。1日でも早くキャッチボールを身につけ、守りの応用ができればいいなと思っています。

ほとんどの試合で、相手に迷惑をかけています。
これまた仕方ありませんが、じっと我慢の日々です。めげることなく、子供達の頑張りを応援し、これからも先輩が築いたヤンヤンを守っていければと、今日も放課後の練習を頑張ります。
 

週末15(土) 「あおもりカップ」 外ヶ浜、16(日) 「ビッグ」 勝田戦:暑さに負けず、2試合 頑張る!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 7月14日(金)07時19分30秒
  ついに始まりました。
甲子園の予選です。昨日は、テレビでゆっくりと開会式を見ました。テレビの画面で、行進するOBの子を見つけることができました。すっかりたくましくなっていました。
今日は最高気温が、なんと33度の予報です。暑さを上回る熱戦が期待されます。

週末の予定は、
7/15(土) 15:00~「あおもりカップ」      4戦目 外ヶ浜ジャッキーズ:蟹田球場
7/16(日) 10:00~「ビッグウエストカップ」4戦目 勝田クラブ        :戸山西小
7/17(月) 15:00頃 「チビッ子夏季大会」閉会式参加                  :三内西小

甲子園の熱戦にも負けずと言いたいところですが、まずは この暑さに負けず2試合を無事終えてほしいですね。練習と併行しながら、試合でも一つ一つのことを学んでほしいです。
 

7/17(月) 「チビッ子夏季大会 本大会」 4チームで優勝を競う:ヤンヤンは予選落ち「夢のオールスター戦」が待っている

 投稿者:監督  投稿日:2017年 7月13日(木)07時26分58秒
  昨日とは違い、夜中から今朝にかけては、窓から冷たい風が入ってきました。
今日は30度を越え、とても暑くなりそうです。

今日から「甲子園の予選」が始まります。
最後の夏を、悔いのない試合で、最後まで甲子園の夢をあきらめず頑張ってくださいね。

週末3連休最後の7/17(月)は、「チビッ子夏季大会 本大会」が三内西小で行われます。
ヤンヤンは、先週の予選で敗れましたので、春に続いて予選落ちです。

本大会には、
・Aブロック:1位 小柳野球倶楽部     2位 奥内クラブ
・Bブロック:1位 浜館ジュニアクラブ  2位 八重田GUTS BBC
の4チームです。(予選落ちは、ヤンヤンと造道BBB)

【本大会組合せ:三内西小】

準決勝  9:00~ A1位 小柳 - B2位 八重田
準決勝 11:00~ B1位 浜館 - A2位 奥内
決 勝 14:00~
閉会式 16:00

この夏季大会は6年生が最後となります。
最後のチビッ子大会を満喫してほしいですね。

ヤンヤンは予選落ちしましたので、唯一6年生のキャプテンは出場できません。最後のチビッ子大会ですが、この夏季大会を終えてから、今年で”36回目”を迎える「夢のオールスター戦」が開催され、各チームからの代表選手で行われます。

ヤンヤンからはキャプテンを含め、4人の出場となります。
夏季大会で最後でしたが、チビッ子選手の仲間で「夢のオールスター戦」が待っています。
 

OB社会人3人、OB中3と会話し、笑顔と元気をもらう:青森山田中 2つ目の全国大会決める!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 7月12日(水)07時49分35秒
  昨日も30度越えでした。
夕方の練習も、汗だくだくでした。みんな、よく頑張ったね!

先週行われた「チビッ子夏予選」が終わって、自宅に帰る途中でした。
実際には、試合中に携帯に連絡がありましたが、出ることができませんでした。

電話の後に、メッセージが入っていて、帰る途中に聞きました。
それは、長年付き合いがあるK監督からの電話で、メッセージがありました。
メッセージには、「今、ヤンヤンの社会人3人と飲んでるよ」との内容でした。

車を止め、電話を入れました。
メッセージと同じく「今、ヤンヤンの子 3人と飲んでるよ」と。
K司、D貴、Y也の3人で、私の息子より1歳年下の子達でした。当時は、部員が30以上の大所帯でとても賑わっていました。6年生だけでも10人を越えていましたそんな時代がとても懐かしいです。K監督は、わざわざ1人1人と代わってくれました。

「しばらくです」
「K監督とは、今日初めてあったんです」
「もう結婚しました」などなど。久しぶりにOB3人と話することができました。

その中でも、K司は 現在ヤンヤン3年のH麻とは親戚で、チームを紹介してくれました。スポーツ屋さんに勤務し、ヤンヤンの「勧誘の手紙」も置いてもらい、これまでも協力をいただきました。

K監督のお陰で、OB3人と会話をすることができ、とてもうれしかったです。
この日は試合で負けただけに、この時の会話で心が癒されました。

その後車を進め、県運動公園の入り口で、OBの子と会いました。
先日、市中体連で県大会を決めた西中野球部キャプテンのOB 中3のY雅でした。

これからランニングに出かけるとのこと。
「県大会の日程は?」、「どこと対戦するの?」
最後に「何でも体調に留意して、再び全国大会目指してね」と、檄を飛ばしました。
Y雅は、「はい!」と笑顔で答えてくれました。

帰りの運転中、偶然にもOB社会人の3人、そして、OB中3と会うことができ、笑顔と元気をもらいました。

最後に、さらに嬉しい報告です。
青森山田中のOB 中3のK大、K冶は、「日本リトルシニア全国大会」に続き、東京ドームで行われる「ジャイアンツカップ」の全国大会出場を決めました。 あっぱれ!
8月に2つの全国大会出場! 「持てる力を存分に発揮してね!」
試合結果が7/10(月)の東奥日報朝刊に掲載されています。




いうかかわりかなと思いながら、
 

明後日 13日から「甲子園予選」が開幕:OB5人が出場 / 夢の甲子園目指して頑張れ!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 7月11日(火)07時43分41秒
  連日30度越えです。
あまりにも急激に暑くなったため、体がついていきません。
今日も暑そうです。暑さに負けないよう頑張っていきましょう!

明後日の7/13(木)から、夏の甲子園大会の予選が始まります。
3年の高校球児はこの夏が最後となります。

今年のヤンヤンのOB 高3は、とても楽しみです。
それは、当時の6年生8人のうち、5人が高校球児として頑張っていて、最後の開会式・予選を心待ちにしているからです。

昨日の東奥日報の朝刊に、「目指せ てっぺん」の別冊で、出場校の選手の紹介が掲載されていました。昨年、センバツ甲子園大会に出場した青森山田のS太、青森高のR、青森西のY輝、青森北のS、明の星のH哉の5人です。中学校のOBも頑張っていますが、高校生のOBも頑張っているのです。

この子供達のヤンヤン時代(23年)には、「市スポ少大会」で3位になり、ヤンヤン誕生以来初めて「県少年野球大会〕に出場しました。「学童・スポ少大会」での全国大会を目標としていましたがかなわず、誕生以来38年目にして初めて「県少年野球大会」に出場した年でした。

49年に誕生したヤンヤンは、1年にわずか1回の「県少年野球大会 青森市予選会」を目標としていました。その後、この予選は50、51、52年と開催されただけで、以降青森の予選は中止となりました。そうした経過を経ながらの「県少年野球大会」出場は、私自身にとっては、とても感慨深いものでした。

22年の5年生の秋には「県学童大会」に出場し、以降の練習では、「目指せ! 全国大会!」を掲げ頑張ったものでした。その甲斐あって、「県少年野球大会」では、3位を勝ち取ることが出来、私は 当時の新聞を大事に保管しています。

そんな経験をしてきた子供達が、中学校・高校と野球を続けていたんですね。
S太、Y輝、H哉の3人は、時折会ったりしましたが、R、Sの2人は卒業以来会ったことがないですね。でも、こうして新聞の名簿の活字を見て、胸が熱くなります。

3年間頑張ってきた練習の成果をフルに発揮し、「目指せ てっぺん」を目標に、夢の甲子園の舞台を目指し、力の限り最後まで頑張って下さいね。
ヤンヤンのみんなで応援していますよ!
 

「チビッ子夏予選」 春に続いて予選落ち:夏の暑さに負けず、ミスを修正!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 7月10日(月)07時24分46秒
  週末7/8(土)は弁当持参でろう学校で練習、翌(昨日)7/9(日)は「チビッ子夏季大会 Aブロック予選」が奥内小で行われ、①奥内クラブ戦 ●4-28、②小柳野球倶楽部戦 ●1-15の連敗で、残念ながら春の大会同様 予選落ちとなりました。

唯一6年のキャプテンは、このチビッ子夏季大会が最後となっただけに、とても残念でした。
試合後、キャプテンは、これまでのお父さんの応援に対し「ありがとう!」の気持ちを込めて、がっちりと握手をしました。感謝の握手でした。

6年が参加できる大会は、まだまだあります。
これからも、1つ1つの試合を大事に、頑張ってほしいですね。

予選2試合は、キャプテンが肩痛で投げることができず、代わって3・4年の子が継投して投げました。なかなか思ったように投げることはできず、その上 内野・外野のエラーが加わり、これまでのように大量点を入れられました。投げられなかったキャプテンは、これまでどおり自分の力を発揮し、ランナーに出ては自ら得点したことは、唯一の救いでした。

これまで2週間にわたって5回昼食持参で練習に励みましたが、まったくと言ってよいほどその成果はありませんでした。同じエラーの繰り返しとなりました。

でも、30度近い暑さの中、低学年が2試合できたことは、少しずつではありますが体力がついてきた証拠なのかなとちょっぴり感じました。ただ、3年の子1人が体調を崩しましたので、まだまだ不足かな。

これから夏本番です。
これまでのミスをい修正するためにも、まずは暑さに負けず、日々の練習を頑張ってほしいものです。

 

父母の応援は、チームの、子供達の「心の支え」:キャプテンの心の成長に驚かされる!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 7月 7日(金)07時31分30秒
  7月に入り、あっという間に1週間が経ちます。
今日は、七夕。1年に一度の再会。そんなロマンチックな出会いはあるのかな?
私にとっては、1年以上の永きにわたって、OBの子達の再会が何よりの楽しみです。

4月に入ってから今日まで、低学年が主とする構成メンバーで、なかなか野球の「野」の字までいかない練習、試合内容で、今年に入って未だ勝ち星がありません。連敗続きで、しかも大敗です。

それも、チーム事情から仕方がありません。
でも、子供達は毎日一生懸命練習を頑張っています。低学年だけに、その成長ぶりは目に見えません。でも、父母の子供達に対する心温まる応援は他にはありません。エラーしても、ミスしても、打てなくても、いつも笑顔で応援してくれます。チームの、子供達の心の支えです。

メンバーが少ないため、試合時の応援の人数は極めて少ないですが、最後まで温かい応援をしてくれます。しかも、少ない人数で、ヤンヤンの応援歌もしてくれます。とてもありがたいです。

なかでも、低学年と一緒にプレーする唯一6年のキャプテンには、「M弘、頑張れ!」と、一番大きな声を出し、応援、そして、励ましの声をかけてくれます。キャプテンもこれに応えるかのように、なかなかプレーできない後輩達に「どんまい、どんまい! 頑張って行くぞ!」と自分に言い聞かせるような光景は、胸が痛みます。同時に、キャプテンの「心の成長」に驚かされます。

週末、そして、次の週と試合があります。
まだまだ結果は出せないチーム状況ではありますが、キャプテンと一緒にプレーしている間に、少しでも野球らしい野球ができるようになればと期待しています。

そのためにも、基本を身につけ、毎日の練習を一生懸命頑張ってほしいものですね。
 

マシンで打撃練習 / バント・フリーバッティングで効果的:人のボールは難しい / もっともっと練習が必要!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 7月 6日(木)07時19分58秒
  今 練習で、手動ではありますが、マシンで打撃の練習をしています。

バント、フリーバッティングの練習ができます。
私自身、ボールを投げれず、お父さん方も仕事でなかなか練習に来れないため、マシンでの練習はとても効果的です。

コーチのお父さんが練習に来てくれます。マシンは、お父さんからの提供です。
「1、2、3!」と声で合図し、マシンでボールを投げ込みます。

初めて打つ子供達は、始めは打てませんでしたが、次第にバットに当て、その内 ボールをはじき返すようになりました。冬場はもちろん(ドームなし)、春先もほとんどフリーバッティングはできませんでした。それだけに、マシンでの練習は大きな収穫です。

先週、OB 中1の2人が練習に顔を出してくれました。
早速ボールを投げてもらいました。するとどうでしょう。マシンで打てた子(低学年)が、生のボールをまったく打てませんでした。

マシンだと、一定のコースに、一定のスピードのため、次第に慣れ撃てるようになりました。
でも、人が投げるボールは、コース、スピードがまちまちです。そのため、投げてくるボールにタイミング等が合わず、まったく打てませんでした。

でも、それが経験です。
まだまだ練習時間が足りないと言うことです。よくボールを見る、ストライクかボールを見極める、タイミングを合わせる、素振りを繰り返すなど、更なる練習が必要です。
もっともっと練習して、打てるようになってほしいですね。
 

週末9(日)に「チビッ子夏 予選」 奥内と小柳と対戦:チーム一丸となって、予選突破を目指す!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 7月 5日(水)07時21分50秒
  週末7/9(日)は、「チビッ子野球夏季大会予選」が奥内小学校であります。
本来であれば、先月25(日)の開会式後に予選が行われる予定でしたが、Aブロックのヤンヤンは、相手2チームの都合で、開会式のみで予選は先送りとなりました。

ヤンヤンは、ここ3週間にわたって試合はなく、ろう学校へ昼食を持っては練習に励んでいます。
これまでも、4月以降 毎週試合を行ってきました。そのため、じっくりと練習する時間がありませんでした。その分、ろう学校での練習は、基本的なことができとても良かったと思います。

所詮、低学年が主体のため、同じことの繰り返し、同じことの注意の繰り返しと、上達ぶりはなかなか目には見えません。でも、子供達の目が少しずつ変わってきたように感じています。

9(日)の予選は、
①10:00~1試合目 ヤンヤン ー奥内クラブ
②13:00~2試合目 ヤンヤン ー小柳野球倶楽部
③15:00~3試合目 奥内クラブー小柳野球倶楽部

春が予選落ちだけに、キャプテン最後の6年生は、何としても予選を突破し、本大会に進みたいと思っています。現在のチームにとっては、大きな高いハードルですが、このことを目標に予選にのぞんでいきたいですね。
 

レンタル掲示板
/222