teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「父母会」を開催 / 「メンバー確保」のための打開策を話し合い:現状を乗り越え、春の大会に参加したい!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 2月13日(月)08時19分44秒
  今朝も依然として、穏やかな日です。
本来であれば厳寒期の2月なのですが、家の前の雪がない、ビックリする光景です。

週末は栄山小、サンドームの練習でした。
昨日のサンドームでの練習後に、11:00~今年初めての「父母会」を開催しました。
メンバーが少ないため、これまでにない少ない父母の皆さんでしたが、「メンバー確保」のため、打開策に向けてみんなで話し合いをしました。

現状を踏まえ、心当たりの子、そして、知り得る子など、それぞれの父母から情報提供していただき、「メンバーを確保」するためにも、打診、掘り起こしをしていただくことにしました。

やはり、自分の子がいかに目標を持って野球をやれるか、活動できるかの環境を整えてあげることが私達大人、親が作り、見守っていくことが一番大事なことだと、父母の皆さんに伝え、改めて理解と協力をお願いしました。春の大会に参加したい、参加させたいことが私の本音です。

ヤンヤンが誕生して今年が「44年目」、来年は「創立45周年」になります。
チームの灯を消すことなく、みんなの力で今回の現状を乗り越えチームを継続していきたいとお願いしました。

これからまた、「メンバーの確保」に協力願い、来月改めて「父母会」を開催し、その中で今後の方向性を見出していきたいと思っています。朗報を期待したいですね。
どうぞ よろしくお願いします。OBの父母の皆さんも、よろしくお願いします。
 
 

週末2/12(日) 11:00~「父母会」開催:運営を話し合う/ 来年の「創立45周年」につなげる!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 2月10日(金)08時19分17秒
  西日本・日本海側は、これまでにない積雪があるとの予報で大変のようです。
その点、今朝も青森はいたって穏やかです。でも、これから数日は雪だるまマークですので、油断は禁物です。

週末は、先週同様 栄山小・サンドームでの練習となります。
2月も1/3が過ぎ去りました。特に、2月は28日しかないので早く感じるはずです。
その意味においては、1日1日の練習を大事に、3月も目の前です。今やれること、やらなければいけないことをしっかり頑張っていきましょう!

週末の2/12(日)は、11:00~12:00、サンドームで「父母会」を開催します。
これまでも、昨年もお願いしましたが、「メンバーの確保」が現在も悩みの種です。
チームにとって、春の大会に参加するには、この「メンバーの確保」が喫緊の課題です。

春の大会に向けて、そして、チーム運営のためにも、父母の皆さんとお話をし、これからのチーム運営を進めていきたいと思っています。今年を乗り切り、来年の「創立45周年」につなげ、目指していきたいですね。
 

心配が的中、「素振りの大切さ」を答えれず:めげずに言い続けますよ!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 2月 9日(木)08時14分3秒
  先日の練習で、子供達に「意識を持って、考えて練習に取り組む」ことを話し、後日 果たして子供達がどの程度意識を持って練習に来たのか、その練習姿を見ました。

するとどうでしょうか。
私が心配していたことがズバリ的中です。素振りの意味、素振りの大切なことをペーパーを渡し、説明したにもかかわらず、まったく答えることができず、始めからやり直しです。
「型をつくる」、「毎日続ける、イメージして振る」素振りの大切さなど、ペーパーの大事なところに線を引くなど忘れないようにしたのですが、まったく頭に残ってなく、とても手強い相手ばかりです。

ペーパーのありがたさ、自分がやらなければいけないことなど、そんな気持ちがないんですね。
やはり、毎回毎回と声掛けすることにつきます。家でおさらいするよう何回、何十回と言ってるんですが・・・。 めげずに、これからも言い続けますよ。
 

全国大会の晴れの舞台で暴れて来い:喜びと感謝を心に刻んで!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 2月 8日(水)08時28分37秒
  昨日夕方から断続的に雪が降り続け、今朝の積雪は20cm近いです。
今も、雪は降り続いています。

先週2/5(日)の午後に、珍しいお客様がありました。
それは、西中2年 OBのY雅、T遠、H斗(S輔はインフルで欠)とY雅のお父さんの4人が我が家に顔を出してくれました。

4人が所属する西中野球部は、昨年県大会・東北ブロック大会を勝ち抜き、来る3月に静岡県で開催される「文部科学大臣杯 第8回全日本少年春季軟式野球大会」に出場することが決定しています。その報告でした。

とても嬉しく、とても誇らしげに思います。
この子達の時代には、「全国大会出場」を本気に考え、目指していましたが、残念ながらその目標を達成することはできませんでし。でも、こうして中学校に進み、全国大会出場を果たし、心から嬉しく思います。

同じ学年では、昨年一足先に青森山田シニア(中2 OB K大、K冶)が全国大会出場を果たしているだけに、さらに今回の報告は二重の喜びです。

私は子供達に「抱負は?」と尋ねました。

Y(現西中野球部キャプテン)
「これまでのチームの課題をクリアし、全国に臨んでいきたい」

T「1戦1戦、勝ち抜いていきたい」

H「1回戦、必ず勝つ」

と、力強い言葉が返ってきました。
私は「大会まであと2カ月ある。体調には十分留意し、静岡で暴れてきてほしい」と檄を飛ばしました。

付け加えて、「1回戦の佐久長聖はどんなチームなの?」と尋ねると、「強い!」
「強いだけ。いろんなことを通じて、相手を知らないと。勝つための第1は、相手を知ることだ」と。

大きな目標を持って練習できることは、とてもやりがいがあること。
不安と期待の中ではありますが、全国大会という大きな晴れの舞台でやれる喜びと感謝を心に刻んで練習に励んでほしいですね。子供達の、西中の活躍を期待したいです。
 
 

意識を持って、考えて練習に取り組む:本人の「やる気」が一番大事!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 2月 7日(火)08時15分47秒
  今朝も雪は降りませんでした。
ここ数日、雪片付けはしていないので、体がとても楽です。
例年だと、雪片付けに追われれ、あとこの2月を乗り切ればと、いつも思っていました。
今年は本当に雪が少なく、本当にこれでいいのかな?と思ったりしてしまいます。

今日の放課後の練習はサンドームです。
先日、素振りをやる意味、大切なことを子供達に話しましたが、果たしてどれだけ理解したか、とても不安です。それもそのはず、これまでも一向に答えた子はいません。

家でおさらいをすれば、当たり前のように答えれることなのですが、現実的にはそうはいきません。ですから、毎回毎回、同じことの繰り返しで、なかなか成長しないのも、こうしたことの繰り返しによるものです。

キャッチボールでも、素振りでも、実際にやっている練習では、昨日と同じことをしかも何回も注意されています。私達もそのことを念頭に入れながら、同じことを何回も何十回も言い続けてきています。

少しでもうまくなるためにも、注意されたことに意識を持って、そして、どうしたらいいのかを考えながら、練習に取り組んでほしいなと思います。なんと言っても、本人の「やる気」が一番大事なことなのです。
 

素振りは毎日続ける/自分の型を身につける:うまくなるためには、振り続ける!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 2月 6日(月)07時32分37秒
  今朝はどんよりとした曇り空ですが、雪は降りませんでした。
我が家の前は県道になりますが、雪はなく、車の流れがスムーズです。少しでも雪が降ると、近くのバイパスの交差点前からは200メートルくらい車が並びます。今日はとてもスムーズです。

一昨日の4日は、栄山小でランニング、キャッチボール、ティーバッティングなどで汗を流しました。昨日の5日は、サンドームが使えないため、急きょ 我が家への集合としました。

昨年11/6の反省会以来の我が家です。
これまでの練習を振り返り、これまでの練習を見直し、これからの練習を頑張ると言うものです。

毎回、家での練習も頑張るようにと言っていますが、具体的に何を頑張れば良いのか。
その一つとして、やはり素振りは毎日続けるというものです。

○バットを振る意味は?
・バットを振り、自分で考えて自分の型を見つける、つくる
・バットを振るしかない
・最後には、バットを振った人が勝つ

○素振りで大切なこと?
・本当にボールを打つつもりで、1球1球イメージして振ること
・毎日続けること
・ただ振るのではなく、考える時間を十分に取る

改めて、素振りの大切さを子供達に伝えました。
毎日続けることがだいじなことです。
 

今日は節分/ 明日が立春:キャンインが始まり心が躍る/ メンバー確保が喫緊の課題!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 2月 3日(金)07時52分53秒
  昨日は、所要のため弘前に出かけました。
青森はなんともなかったのですが、空港付近、そして、浪岡~旧常盤、~藤崎、そして、弘前市の岩木川沿いは猛吹雪で大変でした。青森よりはるかに弘前の方が雪が多かったです。目的地には、1時間ちょっとをめどにしていましたが、大きく上回り、やっとの思いで到着しました。

夕方には、さほどの吹雪ではありませんでしたが、自宅に帰り雪片づけをしました。
今朝はまた、10センチ以上の積雪がありました。本格的な冬です。おそらくまた、今は弘前市の方が積雪は多いですが、その内青森がその力を発揮し?弘前を追い抜くのは時間の問題ですね。

2月に入り、今日2/3は節分です。季節の変わり目で明日2/4は立春で暦の上では春です。
最近3月、4月の並みの気温がテレビで報道されています。青森も春のように暖かい日がありました。でも、この2月は最も寒くなる、そして、積雪が多い月です。

暦上は春ですが、青森の冬はこれからです。
プロ野球だはキャンプインが始まり、球春の報道がなされています。その報道を耳にし、自然と心が躍ります。

1月もあっという間でしたが、2月もそうした日々が早く過ぎ去っていくと思います。
目標としている春の大会も目の前です。

ヤンヤンでは、「メンバーの確保」が喫緊の大きな課題です。
避けては通れない、大きな課題ですが、チームみんなで乗り越えていきたいですね。
同時に、日々の練習を積み重ね、春の大会を目指していきます。

週末は、栄山小・サンドームでの練習です。
寒い日が続くかと思いますが、寒さに負けず頑張っていきましょう!
 

チームはとても厳しい状況 / 部員募集:少ないメンバーですが、子供達は一生懸命頑張ってる!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 2月 1日(水)07時34分56秒
  昨日夜は、さらっと降りました。
今朝は雲ひとつない青空で、太陽も顔を出し、とてもさわやかな朝を迎えています。

早いもので、今日から2月です。
1月もあっという間に過ぎ去りました。これまでの練習をこなしてきました。

例年になく、ずうっと雪が少ないため、雪片付けなど体の負担も少なく、練習場所の栄山小、サンドームへの移動もスムーズで、大変助かりました。

現在、春の大会等を目指して頑張っていますが、依然としてメンバーが確保できていなく、今チーム一丸となってメンバーの確保に努力しています。

今年で「チーム誕生44年目」を迎えたヤンヤンですが、ここ最近にないとても厳しいチーム状況となっています。ひとりでもメンバーが増えることを切に願っています。

少ないメンバーでの練習は大変ですが、少ないながらも子供達は一生懸命頑張っています。
メンバーが少なく、発展途上のヤンヤンですが、一緒に野球をやってみませんか。

※明日2/2(木)は、都合により書き込みをお休みします。
 

「第8回 全日本少年春季軟式野球大会」 西中が出場/ 3/25 長野代表と対戦決定:OB 4人が所属/ 嬉しく、励みです

 投稿者:監督  投稿日:2017年 1月31日(火)08時36分39秒
  昨日は、雪が降り止まず、結構降りました。その上、濡れ雪でとても重かったです。
今朝は、やわらかい軽い雪で、さらっとしたものでした。

一昨日、中2 OBのT遠のお母さんから、西中が出場する全国大会の組合せが決まったとの連絡がありました。

早速HPを見ると、その全国大会の名称は「文部科学大臣杯 第8回全日本少年春季軟式野球大会」で、来る3/24に開会式、3/25~27に静岡県静岡市ほかで開催されると言うものです。

参加チームは、ブロックを勝ち抜いた32チームで、北は北海道から南は沖縄のチームで、東北からは青森の西中、秋田の秋田クラブ、宮城の秀光中の3チームです。

24日は午後に主将会議、16:00~静岡市の草薙球場で開会式、翌25日には静岡市(2会場)のほか、富士市、島田市、焼津市の5会場で行われます。

西中は、1回戦 9:00から、長野の佐久長聖中で、富士市の総合運動公園野球場で行われます。佐久長聖といえば、高校男子駅伝で有名なところですが、それしかわかりません。いずれも予選を勝ち抜いてきたチームですので、強いチームばかりです。

全国大会の出場決定は、昨年10月にOBの子から聞きましたので、あれからすでに4カ月を経過しました。この全国を目指して練習してきたことと思いますので、対戦相手も決まり残り2ケ月を目いっぱい頑張り、悔いのない試合を心がけてほしいと思っています。

ヤンヤンからは、4人が所属し、3人がレギュラーと聞いています。。
同じ学年の青森山田のシニアの2人がすでに全国を経験しています。こうして、ヤンヤンでは成し遂げられなかった全国大会を中学校で経験できることは、とても嬉しく、とても励みとなっています。

体調には十分留意し、静岡の地で暴れてきてください。
ヤンヤンみんなで応援しています。
「頑張れ! 西中!」 「頑張れ! ヤンヤンOB!」
 

野球はルールによって成り立つ:ルールを覚えて、プレーに生かす!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 1月30日(月)07時26分38秒
  昨日は、まるで春を迎えるかのような穏やかな日となりました。今朝は再び冬型の気圧となり、積雪の予報でしたが、たいしたことなくホッとしています。

週末は2日間 室内での練習でした。
その中で、サンドームではホワイトボードに記し、中でも「インフィールドフライ」を改めて説明しました。

宣告後、打者アウトですが、プレイは続くと言うものです。
昨年春の学童大会の小湊戦では、特別延長で「インフィールドフライ」を教えていなかったため、ランナーが走りあっという間に2死となりチャンスをつぶしました。

なかなかこの宣告の場面はありませんが、やはりルールを知っているチームと知らないチームとでは、大きな違いがあり、勝敗に大きく左右することになります。

「インフィールドフライ」に限らず、野球の試合はルールによって成り立っていますので、時間を取って子供達に教えていきたいですね。

週末は2月に入ります。
新たな気持ちで、今週も練習を頑張っていきましょう!
そして、メンバーを確保していきましょう!
 

レンタル掲示板
/211