teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


毎日、ろう学校の練習で汗をかいてうまくなる:充実した日々の練習であってほしい!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 4月19日(水)07時41分43秒
  先週11(火)からろう学校で放課後の練習をして以来、雨、週末は試合とろう学校でほとんど練習していません。昨日は1週間ぶりの放課後の練習でした。

何と言っても、グランドで走り、投げ、取って、練習し汗をかくことでうまくなっていきます。まだ3月と思っていましたが、4月に入り もう2/3が過ぎようとしています。

時間を惜しみ、ろう学校のグランドに立ったならば、その日の目標に向かって一生懸命頑張ってもらいたいものです。グランドを走り、次の行動に速やかに移る。ボール1球に集中し、大きな声を出し、仲間に声掛けし、励まし、元気づける。

「今日も頑張ったな。明日は、このことを重点的に頑張ろう!」
毎日が そんな充実した日々の練習であってほしいですね。
 
 

「相手を知る」ことが、勝利への第一歩:試合をイメージすることが大事!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 4月18日(火)08時04分26秒
  真夜中から、猛烈な風が吹いています。
現在、波浪注意報が出ています。台風並みのような感じがしていて、ちょっぴり怖いですね。

先週、浪岡北と「あおもりカップ」で試合を行いました。
今年は、歴然と力の差があります。というより、メンバーの力量の差でもあります。

でも、子供達には「試合をやる以上は、最終的には勝つことが目標だ」と言っています。
そのためには、何が一番大事かと言うと、「相手チームを知ることだ」と。

今の情報化の時代、インターネットで相手を知る、相手チームを知る人から情報を得る、それができない場合には、試合当日の相手チームの練習を見て知ることです。

挨拶、練習の時の体操・ランニング、そしてキャッチボール、ノックなど、つぶさに観察することが大事です。声が出ているか、集中しているか、チームがまとまっているか、いろいろな角度から相手チームを知ることです。

この情報を頭に入れ、試合に臨むことができれば、一歩勝利に近づくことができるのです。
もっとも、これまでの自分達の練習・試合における態度、姿勢、努力がそれ以上に大事なことは言うまでもありません。さらには、試合当日までの試合のイメージ、そして、試合前の相手の情報をインプットし、イメージを練り直す。こうした対応ができれば、全国大会も夢ではありませんね。

まずは、日々の練習の積み重ね。そして、試合のイメージづくり、さらには、相手チームを知ることが勝利に近づく方法であり、そうした気持ちを持って試合をすることが何より大事なことです。
 

「学童大会」1回戦 4/30(日)13:00 横内戦 市営球場:11:30~開会式、式後の1回戦 / 参加でき 感謝!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 4月17日(月)08時44分11秒
  昨日4/16(日)13:45~「あおもりカップ:初戦」浪岡北BBC戦が浪岡北小で行われました。
4月に入ってから、「三沢遠征」4試合、「ガッツ杯」2試合と6試合こなしてきましたが、まだ7回戦をやっていません。今もって、最後までの力を見ることなく途中で終わっていますので、唯一その点が心配でした。

この日はとても暖かかったのですが、風が強かったです。でも、浪岡北に移動してからは風はなく、まったく気になりませんでした。子供達には「最終目標は勝つこと」と言ってきました。

先攻です。初回表の攻撃です。
1番T紀が相手のエラーで出塁、盗塁し、2番は倒れましたが、3番キャプテンが今季初めての長打(2塁打)を放ち、待望の先取点をあげました。さらに3塁に進み、ピッチャーの暴投で難なく1点を加点し、この初回に貴重な2点を取りました。

裏は、みんなで必死に守りましたが、なんでもないエラーが出て、2点を許し同点とされました。2回には無得点、そして、守りでは相手打線を抑え、見事「0」で終えました。ところが3回には、懸念されていたキャプテンの制球が乱れ、四球から始まり、エラー、ヒットと続き、大量点を入れられ、終わってみれば●2-20の大差での初戦でした。

やはり、キャプテンの四球がポイントです。
この四球からエラー、ヒットが連なり、毎回大量点の原因となっています。極力点を抑えるためにも制球力を身につけ、1つでも四球を減らすことが勝利へ近づくことになります。

まだまだエラーが多いです。なんでもないエラーです。これも、キャッチボールができていないからです。でも、ファインプレーもありました。「よくとったー!」「よくアウトにしたー!」という場面もありました。何と言っても、初回の攻撃が圧巻でした。この後も、日程調整しながら、「あおもりカップ」・「ビッグウエストカップ」の予選にチャレンジしていきます。

先週4/15(土)に「学童大会監督会議」が開催され、42チームの参加で抽選が行われました。
その結果、4/30(日)の11:30~開会式、終了後直後の13:00~1回戦 横内:青森市営球場 と決定しました。これまで、開会式後の試合は初めてです。ヤンヤン・横内の敗者が この「学童大会」一番短い大会を終えることになります。無常・つらいな!

でも、開会式当日は毎年 市営球場バックネットの観客席が埋まるほど、多くの家族連れの観客が応援に来ます。その余韻を残しての第1試合となりますので、絶好の試合となります。

今年1番目標としてきた大会だけに、この晴れの舞台でこれまでの練習の成果をフルに発揮してほしいですね。今年で「44周年」を迎えますが、今年も灯火を絶やすことなく継続できホッとしています。今年もヤンヤンをみんなに見せることができ、とてもありがたく思っています。

一方、夜に今年で39年目を迎える「青森市チビッ子野球大会」の監督会議が行われ、対戦チームが決まりました。今年は2つ増え、6チームで優勝を競うことになりました。
ヤンヤン、小柳野球倶楽部、浜館ジュニア倶楽部、八重田GUTS BBC、(新)造道ベースボールボーイズ、奥内クラブの6チームです。

今回は春季大会の抽選で、今後は夏季大会・秋季大会(新人戦)、夢のオールスター戦、そして、今回の春季大会優勝チームは8月の県チビッ子大会に出場資格を得ることになります。
「学童大会」同様、「チビッ子大会」も大きな目標としています。

【学童大会組合せ:42チーム 抜粋」
1 今別   5/4(木) 9:00~スポーツ公園 2.3の勝者と対戦

2 ヤンヤン
3 横内      4/30(日)13:00 市営球場

※今年も優勝の候補とされる浜館は
34 佃
35 浜館  5/3(水)13:00~ スポーツ公園

【チビッ子春季大会組合せ:6チーム】
※5/14(日)開会式・予選、6/18(日)本大会(ブロック1.2位の4チームでトーナメント)

《Aブロック》
1 浜館ジュニア倶楽部
2 造道ベースボールボーイズ
3 小柳野球倶楽部

【Bブロック】
1 奥内クラブ
2 八重田GUTS BBC
3 ヤンヤン
 

週末4/16(日) 「あおもりカップ:初戦」 浪岡北と対戦:「勝つ気持ち」を忘れず、相手にのぞむ!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 4月14日(金)08時29分1秒
  今朝は風は強いものの、太陽が顔を出し、とても暖かいです。
昨日の朝は吹雪となり、とても寒い1日でした。でも、雪はあっという間に消えました。
今日からグーンと気温が上がり15度前後の毎日ですが、雨の日が多いようです。

「あおもりカップ」、「ビッグウエストカップ」の組合せが決まりました。
明日15日(土)午前には、「学童大会」の監督会議があり、30日(日)の開会式後、予選に入ります。また、夕方には今年で「39回目」を数える「青森市チビッ子野球大会」の監督会議があり、春季大会の組合せが決まります。今年は2チームが加わり、6チームで優勝を競います。

メインとなる学童大会を間近に、【あおもりカップ:初戦】週末16日(日)13:30~浪岡北BBC戦:浪岡北小で行います。昨年も対戦し、勝利していますが、今年はまったく形勢逆転です。でも、各種大会1戦1戦大事に、何事も真っ向から向かい、挑戦していきます。

先日組合せが決まった「ビッグウエストカップ」は、まずは近くのエリアでの抽選になりますのですべてが青森市のチームとの対戦です。でも、この「あおもりカップ」は参加「27」すべての抽選となりますので、どのチームと当たるかは組合せ次第です。もっとも、弘前市のチームが半数以上の参加でしたが、ヤンヤンは弘前市のチームとは当たらず、唯一青森市の浪岡北、そして他4チームは市外のチームです。上北ブレイクキングス(東北町)、外ヶ浜ジャッキーズ(外ヶ浜町)、三沢小ジャイアンツ(三沢市)、木ノ下ファイターズ(おいらせ町)

いずれも、これから多くの試合の予選、そして、「学童大会」「チビッ子春季大会」と どんどん試合をやっていきますので、練習と併行しながら、少しでもうまく・強くなってほしいですね。そのためにも、「強い気持ち」を持って、弱いながらも「勝つ!」という気持ちを忘れないで相手チームにのぞんでほしいですね。

【週末の予定】
4/15(土) 午前練習:ろう学校
4/16(日) 13:30~「あおもりカップ:初戦」浪岡北BBC:浪岡北小

※休み明けの4/17(月)に、「学童大会」と「青森市チビッ子春季大会」の組合せ等お知らせします。
 

冬に逆戻り、今 雪が降り続いている:うまくなりたい、強くなりたい気持ちを持って練習する!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 4月13日(木)08時04分24秒
  今、雪がちらついています。
天気予報の雪だるまが当たっています。今日の最高気温は10℃を切ります。寒々としています。

昨日午前は、あられが降っていました。
放課後の練習が始まる前には、雪がちらついていました。外では練習ができる状況でしたが、風がとても強く、気温が低いため、室内で練習しました。ちょうど、栄山を確保していましたので、久しぶりに栄山での練習となりました。

栄山では、外の風を受けることもなく、寒さもほとんど感じることなく、練習に集中することができました。ただ、一昨日ろう学校で練習できただけに、続けて外でやりたかったのですが、残念です。でも、1日1日、状況に応じながらの練習で、この日が栄山で良かったです。

これまでの試合の反省を子供達に伝えながら、その点を留意し、今大事なことは 今できる練習を精一杯頑張ることでした。やはり、ボールを取って、相手に投げて、相手が取る。これができていないことです。キャッチボールをしっかりやりましょうと、練習前に言いました。

キャッチボール以外にも、まだまだ指摘する点は多々あり、覚えることだらけです。
何と言っても、「うまくなりたい、強くなりたい」そんな気持ちを持つことが一番不足している点だなと、強く感じています。そうした気持ちを持って、お互い切磋琢磨していければと感じる今の私の心境です。
 

昨日は、今年初めてのろう学校での練習:これから1年間、子供達の成長を見守る!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 4月12日(水)07時59分13秒
  今朝は、昨日夕方からの雨に引き続き、依然として降っています。
午後から回復しそうですが、気温は冬並みで寒そうです。
明日の天気予報には、雪だるまマークが出ていて、びっくりです。たいしたことがなければと思います。

昨日の放課後の練習では、今年初めてのろう学校で練習でした。
やはり、「ふるさとに帰ってきた」そんな感じです。景色がいいです。空気がいいです。

先週「ガッツ杯」初日が終わったあとに、バックネットのネットをおろし、ネットを結ぶワイヤーが土で埋まっていることから、スコップで掘り起こし、ネットをワイヤーに結びました。そして、ブラシでグランド整備をしました。2日目には、ラインを引き、子供達の登場を待つことにしました。

私達は、子供達の環境を少しでも整備し、提供することと考えています。
昨日は、そんなろう学校での練習を肌で感じたかったところですが、練習を始めてから間もなく、雨がポツリポツリと降ってきました。始めはたいしたことはなかったのですが、やみそうな気配がなかったことから、ランニング、キャッチボールで終えることにしました。

折角のろう学校での練習でしたが、ダイヤモンドに入らずじまいで終え、とても残念でした。
でも、ホームグランドであるこのろう学校に今年も立つことができ、とても嬉しく思います。

これから1年間、子供達の成長を温かく見守ってほしいですね。
このグランドから巣立ったOB 229人も見守っていますよ!
頑張れヤンヤン! 負けるなヤンヤン!
 

「学童大会」・「あおもりカップ」・「ビッグウエストカップ」に参加できる!:「44周年」の灯火を継続 / メンバーを増やす

 投稿者:監督  投稿日:2017年 4月11日(火)08時30分50秒
  今年の大会参加が危ぶまれ、「岩手県遠征」こそ中止としましたが、既に終えた「三沢遠征」、「ガッツ杯」、そして、これからの「学童大会」、さらには「あおもりカップ」と「ビッグウエストカップ」に参加できることになり、とてもホッとしています。「ヤンヤン”44周年"の灯火」を絶やすことなく継続でき、とてもありがたく思っています。

「ガッツ杯」もそうでしたが、6年の女の子3人の応援で参加することができました。女の子だけに頼ってはいけませんが、まだまだメンバーが足りませんので、1人でも多くメンバーを確保したいですね。

「あおもりカップ」は2月末に既に参加申し込み・抽選が終わりました。
「14回大会」には、ヤンヤンは13回目の参加で、参加数「27」で、これまで予選を勝ち抜き決勝大会へは5回出場しています。昨年は予選落ち。

「ビッグウエストカップ」は、一昨日に締め切られ、昨日公開抽選が行われました。
「13回大会」には、チームは6回目の参加で、参加数「166」で、26年には本戦を勝ち抜き、最高の「ベスト8」まで進出しました。昨年はブロック2位で、2次予選敗退。

2大会とも、多くのチームと対戦でき、また予選を経て決勝大会・本戦、そして、「ビッグ」は全国大会まであり、大きな目標となっています。1戦1戦全力を尽くし、そして、少しずつうまく・強くなってほしいものです。
事務局の皆さん、今年もよろしくお願いします。

【あおもりカップ:組合せ 5試合】
1 上北ブレイクキングス(東北町)
2 外ヶ浜ジャッキーズ  (外ヶ浜町)
3 浪岡北BBC           (青森市)
4 三沢小ジャイアンツ  (三沢市)
5 木ノ下ファイターズ  (おいらせ町)

【ビッグウエストカップ:組合せ 5試合(すべて青森市)】
1 浜館ジュニア倶楽部
2 荒川
3 鳴滝ロイヤルズ
4 港ファルコンズ
5 勝田クラブ

今日から、今年初めてろう学校での練習が始まります。
ホームグランドとして、楽しい野球をやれる「喜び」をもって、大いに頑張っていきましょう!

 

「第10回 ガッツ杯」 1回戦・交流戦と2試合:「一生懸命さ」が足りない / 経験し、一歩一歩前に進む!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 4月10日(月)08時20分5秒
  今日から、初々しい新1年生の新学期が始まります。
親子ともども、不安と期待が同居しつつも、さわやかな朝を迎えたことと思います。
先週、泉川小の入学式を自家用の車窓から眺めましたが、とても微笑ましい光景でした。

週末4/8(土)~9(日)の「第10回 ガッツ杯」は、初日1回戦 あじゃらBBC戦 ●0-21(4回コールド)、2日目 田舎館JBC戦 ●0-18(4回コールド)と散々な結果に終わりましたが、福村ガッツの事務局の温かい対応に心が落ち着きました。ありがとうございました。

1回戦 あじゃら戦は、初回にキャッチャーが指を痛めるアクシデントに、大量点を奪われました。初回こそ大量点を取られましたが、2回に3点、3回に1点と抑えられたことは良い兆しでした。この日 6年のキャプテンM弘は、唯一のヒットを放ち、敢闘賞をいただきました。

交流戦 田舎館JBC戦は、4年のキャッチャーがなかなかボールを取れず、ピッチャーがリズムを作れませんでした。中盤には、エラー、四球が絡み、大量点を入れられました。

2日間を通じて、先週の「三沢遠征」での多くの反省点を頭に入れての今回の「ガッツ杯」でしたが、修正・反省点のみならず、圧倒的な体力負けでした。

また、点を取られるばかりか、「頑張るぞ!」という気持ちがまったく感じられませんでした。
今回の「ガッツ杯」に出場できる「感謝」と「喜び」を持ってやるようにと強く言いましたが、残念ながら感じ取ることはできませんでした。

試合後、「なぜ、10回もヤンヤンが招待されてると思う?」
「それは、これまで福村ガッツと交流してきたからだよ。そして、先輩方が一生懸命頑張ってきたからだよ」と。続けて「今回のヤンヤンの試合を見て、来年は招待されないかも?」と厳しい言葉を投げつけました。

大会に参加できることに、もっともっと喜び、その喜びをプレーでフルに発揮することが大事なことでした。その「一生懸命にやること」を、改めて胸に強く刻んでほしいですね。

会場では、先週お世話になった「三沢小ジャイアンツ」のみんなとも再会しました。
昨日の三沢小の試合では、ヤンヤンみんなで応援しました。

昨日の帰り際、決勝戦に進んだチームははっきりとわかりませんが、県内の各チームの力、学童大会の前哨戦として、その経験をさせていただき、有意義な大会参加でした。ヤンヤンはまだまだ力が足りませんが、一つ一つの経験をし、一歩一歩前に進んでいきたいと思っています。

福村ガッツの皆さん、大変お世話になりました。今後ともよろしくお願いします。
父母の皆さん、2日間ありがとうございました。これからも、温かい目で見守ってくださいね。
それから、OB中新1年のK汰 スコアブック記載・応援等ありがとう!
忘れてはならない新6年の女の子3人、ありがとう! これからも、よろしくね!

 

週末 「第10回 ガッツ杯」に、10回目の参加 / 感謝:非力だが、精一杯頑張る!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 4月 7日(金)08時20分59秒
  今日が新学期の始業式です。同時に、入学式でもあります。
クラス替えがあって、どんな友達と会えるかな、どんな担任の先生になるのかなと、ワクワクそわそわしてることでしょう。そうした経験が、子供達を一歩一歩 成長させる要因にもなっていきます。

週末4/8(土)~9(日)は、「第10回 ガッツ杯」が弘前市の福村小と克雪センターの2会場で、参加12チームで行われます。

ヤンヤンは、8日(土)10:45~1回戦 あじゃらBBC(大鰐町)と克雪センターで行われます。
対戦相手のあじゃらとは、一昨年、昨年と「ガッツ杯」の交流戦で対戦していて、昨年秋の県大会では上位の成績を収め、とても強敵です。

先週の「三沢遠征」が今年初めての試合だっただけに反省する点が多々ありました。今週放課後の3回の練習で修正はとても厳しいのですが、一つひとつ野球を覚え、一歩一歩前進していきたいと思っています。

基本のキャッチボールを身につければ、そんなに点を取られることはないのですが、何分にも幼いメンバーが多いことから点を取られる場面は多くあります。でも、それを一つでも阻止できれば御の字です。

「ガッツ杯」は今年が「10回目』で、ヤンヤンも「10回目」の参加となります。今年のチーム事情であれ、6年生がいないチーム事情でも、主催である「福村ガッツ」から毎年参加の誘いがあります。このうえない喜びです。深く感謝しています。

その意味においては、まだまだ非力ですが、試合に向けては「大きな元気な声」を出し、「全力プレー」を実行し、持てる力をフルに発揮し、精一杯頑張っていきたいと思っています。
 

最高気温19度の中で練習/ びっくり:「大きな元気な声」を出し、キャッチボールをマスターする!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 4月 6日(木)08時04分47秒
  昨日も外で練習ができました。
一昨日の気温は14度、昨日は何と19度で最高気温がそのまま夕方も同じ気温でした。
この時期にしては、とても考えられない気温で、汗をかきながらの練習となりました。

今のチームに必要なのが、何と言ってもキャッチボールです。低学年が主だけに基本です。このことを何としてもマスターしてほしいです。

もうひとつは、チームのモットーである「大きな元気な声」を出すことです。
挨拶から始まり、体操、ランニング、ダッシュ、キャッチボール、ノック等すべてにおいても、声出し、声がけが大事です。この「声だし」ができていません。

要するに、基本的なことができていないということです。
先輩が教えることなのですが、どうしても少ないメンバーのうえ、低学年というチーム事情では仕方がないことなのですが、何でも自分から進んでやる気持ちを持って、毎日の練習にのぞんでほしいですね。
 

レンタル掲示板
/215