teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


チーム力がないため、練習試合の申し込みができない:とても辛い / 我慢して乗り越える!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月14日(木)07時14分18秒
  週末3連休は、唯一9/17(日)に、奥内クラブ(新人)と練習試合があります。

先週の岩手の試合を終えて、今年で26試合行いました。例年に比べれば、とても少ない試合数となっています。これも、メンバーが少なく低学年が主体となっていることが大きな原因です。

チーム力がないため、練習試合の申し込みもできません。
とても辛いことです。でも、今はじっと我慢して、乗り越えなければいけません。

週末の奥内クラブ戦は、チーム事情を理解しながらも受けていただき、とてもありがたく思っています。そのためにも、これまでのミス・エラーはできるだけなくし、少しでも試合らしくできればいいなと思っています。

大会では、強い弱いは関係なく試合を行うことができます。
でも、練習試合ではそれなりの試合内容であれば対応してくれますが、試合にならなければなかなか申し込みはできません。これが辛いのです。

昨日の練習でも、子供達は頑張っています。
「正面でとれ!」「動いて、取りやすいところで!」と、大きな声檄を飛ばしています。
一歩一歩 前に進んでいます。
 
 

元気を出して、目を輝かせる:うまくなるには 日々の努力しだい!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月13日(水)07時15分58秒
  キャプテンと一緒に野球をやれるのは、来週9/23(土)の「藤崎町体育協会長杯」だけです。

これまでも、キャプテンと一緒に20試合以上やってきましたが、低学年のため思った内容の試合をすることはできませんでした。ミス・エラーは仕方がありません。でも、6年に負けないくらいできるのは、声出し・元気さは頑張れるはずです。

なかなかその実行はできませんでした。試合に出れたと言う目の輝きは絶対に必要なことだし、大事なことです。

下手でも、元気があれば上手になる。
それも、努力しだいです。目標を持って、練習を積み重ねる。何と言ってもそんな日々の練習の積み重ねが大事です。いずれも、目を輝かせ、元気に頑張れば、自分の目標に一歩近づく、近づくことができます。

子供達には、早くこのことに気づき、自分の・チームの目標に向かって前進してほしいですね。そのためにも、みんなが1つ1つのことに対して目を輝かせながら一生懸命頑張ってほしいです。
 

子供達の目の輝きから元気をもらえる:野球で目の輝きを見たい / もっと野球を好きになろうよ!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月12日(火)07時09分49秒
  いつの時代でも、子供達の目の輝きから私達大人は元気をもらっています。

先週の盛岡市の動物園では、子供達は水を得た魚のように目を輝かせながら、さまざまな動物に対し興味を示し、興奮気味に右に左に動き回っていました。また、動物園にはわんぱく広場があり、長い滑り台、フィールドアスレチック、広場と遊び回るにこれほど適した場所はないくらい子供達の目はより以上に輝き、汗をかきながら遊ぶことができました。

この光景を見ながら、父母と一緒に「野球もこれくらい一生懸命頑張れば、うまく強くなるのに」と苦笑いしながら話をしました。

それもそのはず、岩手の大会で遊びの50%の目の輝き・元気さを出したでしょうか。
本来、大会が一番の目的だったはずなのですが、その力を大会では発揮できませんでした。やはり、子供達の幼さ、意識の低さに尽きます。

まだまだ練習・訓練が必要です。
まだまだ時間がかかります。でも、めげることなく、子供達と向き合いながら、1日1日と成長を見守っていきたいものです。もっともっと、野球を好きになろうよ!
 

9/9(土) 「胆沢岩手ライオンズクラブ旗」 1回戦敗退:もっともっと強くなって、来年も参加したい!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月11日(月)07時38分5秒
  週末9/9(土)の「第10回 胆沢岩手ライオンズクラブ旗大会」は、奥州市胆沢区 胆沢野球場で8時から開会式が行われ、ヤンヤンは 10時から1回戦 胆沢ジュニアと対戦し、残念ながら●0-9(3回)で敗退しました。

朝5時に青森インターを父母が見送りする中を、3台の車で、総勢14人で出発しました。
天気も良く、開会式ではキャプテンが昨年勝ち取った準優勝カップを返還し、こうして参加できる喜びをかみしめ、1回戦の胆沢ジュニアとの対戦を待ち望んでいました。

1会場でホーム側とセンター側との2つのグランドを確保し、2試合ずつ行われました。これまで、1回戦はホーム側で試合でしたことがありませんでしたので、気分的にとてもラッキーでした。

でも、気分とは裏腹に、試合内容は今年のこれまでの試合を反映するかのようにお粗末な内容で、1時間弱の試合時間で、3回コールド負けという悲しい結果となりました。朝早い時間で、高速道路を使った3時間の移動時間等、ハンディはありましたが言い訳にしかなりません。
まだまだ力が足りないと言うことです。

試合終了後、バックネット前に集合し、今回参加できたことへの感謝を、みんなで大会事務局にお礼を言いました。事務局から大きな拍手をいただきました。とてもありがたいことでした。
帰り際、私は事務局の皆さんへ、「お粗末な試合で申し訳ありません。来年もよろしくお願いします」と来年の大会招待を改めてお願いしました。

午後に交流戦ができればと思っていましたが、かないませんでした。でも、胆沢ジュニアの練習場所である南都田小学校のグランドをお借りし、1時間半ほど練習することができました。
午前の試合はわずか1時間だっただけに、午後の練習ができ、とても良かったです。

その後、常宿(北上市入畑温泉)に入り、お風呂、夕食、ミーティング、一発芸などで楽しみ、宿での生活を過ごしました。2日目は、予め心当たりのチームに交流戦を打診しましたが、既に日程が入っていましたので、この日は大いに楽しむことにしました。

盛岡市の動物園に車を走らせました。
猿を始め、象、ライオン、キリン、カバ、イノシシ、カモシカ、ムササビ、かわうそ、アメリカバイソンなど、広い敷地に数え切れないほどの動物がいて、子供達はもとより、私達大人も目を白黒し、普段見れない動物を堪能しました。

盛岡市のインターに入り、青森のインターには午後4時過ぎに到着しました。
今回は、大会のほかに動物園観光と野球以外に、みんなで楽しみました。なんか、子供達が楽しむ目の輝きが、ぜひともヤンヤンの練習で見せてほしいなとつくづく思いました。

2日間、何事もなく、参加してくれた父母3人の方には大変お世話になりました。また、早い時間にもかかわらず予定の時間に出発できたのも、父母のご協力の賜物です。
今後ともよろしくお願います。

最後に、来年も大会に参加できるように、もっともっと練習して、強いチームを目指していきたいですね。事務局の皆さん、来年もよろしくお願いします。ありがとうございました。
 

明日9//9(土) 「胆沢岩手ライオンズクラブ旗」に参加:一生懸命頑張る、そして楽しむ!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月 8日(金)07時25分16秒
  週末の明日から1泊で、岩手県奥州市に出かけます。
これまでになく参加者は少なく、総勢14人で乗用車3台で行きます。

「第10回 胆沢岩手ライオンズクラブ旗争奪少年野球大会」が奥州市胆沢区の胆沢野球場で開催されます。ヤンヤンは、今年で4回目の出場です。昨年、決勝で敗れましたが、今年は準優勝カップを持参しての参加です。

参加チームは8チームで、1日で終了です。
参加7チームは奥州市を中心としたチームで、県外は青森からのヤンヤンだけです。
8時からの開会式に出場し、10時30分からの1回戦は地元の胆沢ジュニアスポーツ少年団との対戦です。

岩手県のチームとは、平成17年から交流が始まり、当初から続いているのは一関市の一関ベアーズだけです。翌年 金ヶ崎町の太陽の子と交流を始め、太陽の子との交流ができなくなってからは、奥州市胆沢区の南都田(なつた)バファローズと交流してきました。この南都田が現在の胆沢ジュニアです。

こうした長い時を経て、岩手県のチームとの交流があり、さらには、4回目になるこの大会にも参加できるようになりました。昨年も会場を去る時に、事務局の方々から「ぜひ、来年も来てね」と温かい言葉をかけられました。とてもありがたいことです。

週末2日間、交通安全には十分気をつけて、これまでの練習の成果を岩手県のチームに見せることができれば、とても喜ばしいことですね。そして、昨年のようにまた「ぜひ、来年も来てね」と言われるように、頑張りたいですね。

さらには、普段みんなと泊まることがないだけに、宿でのひと時を楽しみ、子供達同士の交流もいっそう深めてもらいたいですね。
 

明日の書き込みは、お休み

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月 6日(水)15時06分26秒
  明日、出張が入りましたので、書き込みをお休みします。  

青森山田 OB3年のS太が甲子園の報告:「S太 野球教室」開催 / 励み・刺激!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月 6日(水)07時13分47秒
  昨日の放課後の練習中に、ビッグなサプライズがありました。

それは、この夏の甲子園大会に出場した青森山田の OB3年のS太が、甲子園の報告にやってきました。突然の訪問に、ビックリしました。

Q 甲子園って、どんなとこでした。
A やはり、高校野球児の聖域でした。空気が違いました。

Q 大会は?
A 1回戦、彦根東に勝って、とても嬉しかった。
  とても貴重な経験をし、大きな財産となりました。

Q  今後は?
A 今、後輩達の練習の補助をしています。
 これから、大学を目指して頑張ります。

Q ヤンヤンの子供達に一言
A 目標を持ってると思うけど、目標を達成するために、今の練習を一生懸命頑張ってほしい。

(子供から)
Q  打てるためには?
A 打席に入ったら、「ぼくは打つんだ、打てるんだ」と、自信を持って打つこと。ボールをよく見て、タイミングを取って打つ」

お土産を持って、やってきました。すぐ帰るのかなと思ったら、「何か、手伝うことありますか」と、その後、守備と打撃について、急きょ「S太 野球教室」を開きました。

腰の下ろし方、グラブの出し方、ステップの仕方、送球の仕方、そして、ボールの打ち方など、親切丁寧に教えてくれました。あのあどけない子が、こんなに立派に成長したんだなと、とても嬉しくなりました。

このメンバーは、ヤンヤン時代は6年8人がいましたが、その内5人が甲子園を目指しました。
県予選の開会式に、その仲間の5人がまとまって記念撮影をしたとのことです。ヤンヤン時代の絆は、こうしたところで生きているんだなと、感慨深いものがありました。

思いがけない甲子園球児からの指導は、子供達にとって大きな励み、そして、刺激となりました。少しでも、今の子供達の気持ちが変われば、とても良いことです。

S太からのお土産には、お菓子のほかに 甲子園と言う赤い文字が記されている小瓶に、あの甲子園の土が入っていました。「監督、もらっていいの」と聞くと、「はい!」と応えてくれました。

帰り際、私は「お父さん、お母さんに対して、感謝を忘れちゃダメだよ。よろしく伝えてね。
それから、大学 頑張れよ」と言いました。S太は、〔はい!、時間があったら、また来ます」と、自転車に乗って別れました。

甲子園の報告、野球教室、甲子園の土までもらい、とてもサプライズなプレゼントでした。
なんか、心がフワフワした感じで、何とも愉快になりました。S太、ありがとう!
 

週末9/9(土) 「胆沢ライオンズクラブ大会」に4度目の参加:準優勝カップを手に、感謝の気持ちで参加!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月 5日(火)07時25分53秒
  週末9/9(土)は、昨年に引き続き「第10回 胆沢岩手ライオンズクラブ旗争奪少年野球大会」に参加するために、岩手県奥州市胆沢区 胆沢野球場に出向きます。

10年ほど前に、これまで3月の「岩手遠征」に続いて、秋には「岩手県金ヶ崎町野球大会」に参加していましたが、大会がなくなったため代わって、平成25年に初めて「胆沢ライオンズクラブ旗大会」に参加することができました。

初めての大会では、準優勝を勝ち取りました(5年生主体)。翌年 準優勝カップを返還する予定でしたが、学校行事と重なり残念ながらこの年は参加を見送りました。27年には再び参加することができ、28年の昨年には2度目の準優勝を勝ち取りました。今年は準優勝カップを手にし、4度目の参加となります。

この大会は、1日で消化し、昨年決勝まで進み、昼食もゆっくり取れないほどハードなものでした。でも、岩手県に出かけ、多くのチームと対戦できる、貴重な機会でもあります。
参加チームは、ヤンヤンを除けばすべて岩手県のチームだけです。その意味では、とてもありがたいことです。


【大会組合せ:奥州市胆沢区胆沢野球場】

1 岩谷堂スポーツ少年団:奥州市江刺区
2 赤荻スポ-ツ少年団 :一関市

3 胆沢ジュニアスポーツ少年団:奥州市胆沢区
4 ヤンヤン

5 小山アタックスポーツ少年団:奥州市胆沢区
6 花巻太田ブルーサンダース :花巻市

7 姉体スポーツ少年団    :奥州市水沢区
8 さかり野球スポーツ少年団 :大船渡市

この日は、試合が終われば岩手県に1泊します。
春の「岩手遠征」では、部員不足のため実施できなかったため、今回大会に参加し、宿泊もできますので試合もさることながら、宿で大いに楽しんでほしいです。

キャプテンの岩手への泊まりはこれが最後です。
また、キャプテンと一緒に野球ができるのも残りわずかです。楽しい、有意義な2日間を過ごしてほしいですね。天気も良さそうですので、とても楽しみですね。

大会事務局の皆さん、よろしくお願いします。
また、同行する父母の皆さん、よろしくお願いします。
 

練習試合 浪岡南戦で、今年 初勝利! / チビッ子は敗退:もっともっと努力をしてほしい!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月 4日(月)07時23分41秒
  週末9/2(土)の「チビッ子秋季大会」予選 T.T GUTS戦は●1-11(5回)で敗退、翌9/3(日)の練習試合 浪岡南エンジェルス戦は、シーソーゲームを繰り返しながらも、○13-12(5回戦)と、今年初めての勝利を勝ち取りました。 やったね!

【チビッ子秋季大会 予選 T.T GUTS戦:佃小」
数年ぶりの佃小に出向きました。
新人戦のため、キャプテンは出場できず、ぎりぎりのメンバーでのぞみ、キャプテンはベンチからの応援でした。3回まで1-3と拮抗した試合内容でしたが、先発のT紀からH麻に交代してからは四球が多発、エラーの連続で大量7点を入れられました。T紀はよく投げ、2安打と1人 気を吐きました。

予選もう1試合は、造道BBB戦で、日程調整中。

【浪岡南エンジェルス戦:浪岡南小】
佃小と同じく、数年ぶりの浪岡南小での試合でした。
先発は前日と同じくT紀。初回1点こそ取られましたが、その裏に3番T紀の2塁打、エラーで2点を入れ逆転しました。その後は点を取ったり取られたりのシーソーゲームとなりました。最終回(5回)には、2点リードながらも3点を入れられ逆転されましたが、その裏に同点とし、最後は1.3塁の場面でキャッチャーが2盗したランナーに気を取られ2塁への送球の間にサードランナーがホームインし、サヨナラ勝ちをし、今年初めての勝利を勝ち取りました。

今年、20数試合行いましたが、この間の練習・試合で成長したかなと思っていましたが、改めて新人戦2試合を見る限り、まったく野球がわかってないんだなと、がっかりしました。
これまでも、試合の都度、練習の都度、何回・何十回となく注意・指示などしてきましたが、その効果はまったくなかったと実感しました。

とてもがっかりしました。
これから先が思いやられます。でも、めげることなく前を見て進んでいきたいと思っています。
子供達には「努力が足りない、うまく・強くなりたい気持ちが足りない。もっともっと努力しないと」と強く言い放ちました。

でも、こうしたチーム状況、こうした試合内容でも、応援歌を歌いながら、最後まで子供達を温かく応援し続けてきた父母からは「初勝利、おめでとう!」と心温まる言葉をいただき、子供達の顔には笑顔が溢れ、目がキラキラ輝いていたのがとても印象的でした。
それぞれ親子一緒に喜びを分かち合っていました。

これを契機に、さらにうまく・強くなるよう頑張ってほしいものです。
それから、1年のK太が頑張りました。この子がいなければ、試合が成り立ちませんでした。
K太、これからも元気に頑張ってね!

※9/2(土)の「アルミ缶回収」には、多くの方々のご協力をいただき、ありがとうございました。
次回は、来年3月を予定していますので、今後ともよろしくお願いします。
 

アルミ缶回収にご協力を!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月 1日(金)07時26分6秒
  恒例の「アルミ缶回収」を行います。
ご協力をお願いします。


○期日 平成29年9月2日(土)午前9時 (時間厳守)

○場所 ろう学校駐車場
 

レンタル掲示板
/222