teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


青森山田 OB3年のS太が甲子園の報告:「S太 野球教室」開催 / 励み・刺激!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月 6日(水)07時13分47秒
  昨日の放課後の練習中に、ビッグなサプライズがありました。

それは、この夏の甲子園大会に出場した青森山田の OB3年のS太が、甲子園の報告にやってきました。突然の訪問に、ビックリしました。

Q 甲子園って、どんなとこでした。
A やはり、高校野球児の聖域でした。空気が違いました。

Q 大会は?
A 1回戦、彦根東に勝って、とても嬉しかった。
  とても貴重な経験をし、大きな財産となりました。

Q  今後は?
A 今、後輩達の練習の補助をしています。
 これから、大学を目指して頑張ります。

Q ヤンヤンの子供達に一言
A 目標を持ってると思うけど、目標を達成するために、今の練習を一生懸命頑張ってほしい。

(子供から)
Q  打てるためには?
A 打席に入ったら、「ぼくは打つんだ、打てるんだ」と、自信を持って打つこと。ボールをよく見て、タイミングを取って打つ」

お土産を持って、やってきました。すぐ帰るのかなと思ったら、「何か、手伝うことありますか」と、その後、守備と打撃について、急きょ「S太 野球教室」を開きました。

腰の下ろし方、グラブの出し方、ステップの仕方、送球の仕方、そして、ボールの打ち方など、親切丁寧に教えてくれました。あのあどけない子が、こんなに立派に成長したんだなと、とても嬉しくなりました。

このメンバーは、ヤンヤン時代は6年8人がいましたが、その内5人が甲子園を目指しました。
県予選の開会式に、その仲間の5人がまとまって記念撮影をしたとのことです。ヤンヤン時代の絆は、こうしたところで生きているんだなと、感慨深いものがありました。

思いがけない甲子園球児からの指導は、子供達にとって大きな励み、そして、刺激となりました。少しでも、今の子供達の気持ちが変われば、とても良いことです。

S太からのお土産には、お菓子のほかに 甲子園と言う赤い文字が記されている小瓶に、あの甲子園の土が入っていました。「監督、もらっていいの」と聞くと、「はい!」と応えてくれました。

帰り際、私は「お父さん、お母さんに対して、感謝を忘れちゃダメだよ。よろしく伝えてね。
それから、大学 頑張れよ」と言いました。S太は、〔はい!、時間があったら、また来ます」と、自転車に乗って別れました。

甲子園の報告、野球教室、甲子園の土までもらい、とてもサプライズなプレゼントでした。
なんか、心がフワフワした感じで、何とも愉快になりました。S太、ありがとう!
 
 

週末9/9(土) 「胆沢ライオンズクラブ大会」に4度目の参加:準優勝カップを手に、感謝の気持ちで参加!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月 5日(火)07時25分53秒
  週末9/9(土)は、昨年に引き続き「第10回 胆沢岩手ライオンズクラブ旗争奪少年野球大会」に参加するために、岩手県奥州市胆沢区 胆沢野球場に出向きます。

10年ほど前に、これまで3月の「岩手遠征」に続いて、秋には「岩手県金ヶ崎町野球大会」に参加していましたが、大会がなくなったため代わって、平成25年に初めて「胆沢ライオンズクラブ旗大会」に参加することができました。

初めての大会では、準優勝を勝ち取りました(5年生主体)。翌年 準優勝カップを返還する予定でしたが、学校行事と重なり残念ながらこの年は参加を見送りました。27年には再び参加することができ、28年の昨年には2度目の準優勝を勝ち取りました。今年は準優勝カップを手にし、4度目の参加となります。

この大会は、1日で消化し、昨年決勝まで進み、昼食もゆっくり取れないほどハードなものでした。でも、岩手県に出かけ、多くのチームと対戦できる、貴重な機会でもあります。
参加チームは、ヤンヤンを除けばすべて岩手県のチームだけです。その意味では、とてもありがたいことです。


【大会組合せ:奥州市胆沢区胆沢野球場】

1 岩谷堂スポーツ少年団:奥州市江刺区
2 赤荻スポ-ツ少年団 :一関市

3 胆沢ジュニアスポーツ少年団:奥州市胆沢区
4 ヤンヤン

5 小山アタックスポーツ少年団:奥州市胆沢区
6 花巻太田ブルーサンダース :花巻市

7 姉体スポーツ少年団    :奥州市水沢区
8 さかり野球スポーツ少年団 :大船渡市

この日は、試合が終われば岩手県に1泊します。
春の「岩手遠征」では、部員不足のため実施できなかったため、今回大会に参加し、宿泊もできますので試合もさることながら、宿で大いに楽しんでほしいです。

キャプテンの岩手への泊まりはこれが最後です。
また、キャプテンと一緒に野球ができるのも残りわずかです。楽しい、有意義な2日間を過ごしてほしいですね。天気も良さそうですので、とても楽しみですね。

大会事務局の皆さん、よろしくお願いします。
また、同行する父母の皆さん、よろしくお願いします。
 

練習試合 浪岡南戦で、今年 初勝利! / チビッ子は敗退:もっともっと努力をしてほしい!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月 4日(月)07時23分41秒
  週末9/2(土)の「チビッ子秋季大会」予選 T.T GUTS戦は●1-11(5回)で敗退、翌9/3(日)の練習試合 浪岡南エンジェルス戦は、シーソーゲームを繰り返しながらも、○13-12(5回戦)と、今年初めての勝利を勝ち取りました。 やったね!

【チビッ子秋季大会 予選 T.T GUTS戦:佃小」
数年ぶりの佃小に出向きました。
新人戦のため、キャプテンは出場できず、ぎりぎりのメンバーでのぞみ、キャプテンはベンチからの応援でした。3回まで1-3と拮抗した試合内容でしたが、先発のT紀からH麻に交代してからは四球が多発、エラーの連続で大量7点を入れられました。T紀はよく投げ、2安打と1人 気を吐きました。

予選もう1試合は、造道BBB戦で、日程調整中。

【浪岡南エンジェルス戦:浪岡南小】
佃小と同じく、数年ぶりの浪岡南小での試合でした。
先発は前日と同じくT紀。初回1点こそ取られましたが、その裏に3番T紀の2塁打、エラーで2点を入れ逆転しました。その後は点を取ったり取られたりのシーソーゲームとなりました。最終回(5回)には、2点リードながらも3点を入れられ逆転されましたが、その裏に同点とし、最後は1.3塁の場面でキャッチャーが2盗したランナーに気を取られ2塁への送球の間にサードランナーがホームインし、サヨナラ勝ちをし、今年初めての勝利を勝ち取りました。

今年、20数試合行いましたが、この間の練習・試合で成長したかなと思っていましたが、改めて新人戦2試合を見る限り、まったく野球がわかってないんだなと、がっかりしました。
これまでも、試合の都度、練習の都度、何回・何十回となく注意・指示などしてきましたが、その効果はまったくなかったと実感しました。

とてもがっかりしました。
これから先が思いやられます。でも、めげることなく前を見て進んでいきたいと思っています。
子供達には「努力が足りない、うまく・強くなりたい気持ちが足りない。もっともっと努力しないと」と強く言い放ちました。

でも、こうしたチーム状況、こうした試合内容でも、応援歌を歌いながら、最後まで子供達を温かく応援し続けてきた父母からは「初勝利、おめでとう!」と心温まる言葉をいただき、子供達の顔には笑顔が溢れ、目がキラキラ輝いていたのがとても印象的でした。
それぞれ親子一緒に喜びを分かち合っていました。

これを契機に、さらにうまく・強くなるよう頑張ってほしいものです。
それから、1年のK太が頑張りました。この子がいなければ、試合が成り立ちませんでした。
K太、これからも元気に頑張ってね!

※9/2(土)の「アルミ缶回収」には、多くの方々のご協力をいただき、ありがとうございました。
次回は、来年3月を予定していますので、今後ともよろしくお願いします。
 

アルミ缶回収にご協力を!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月 1日(金)07時26分6秒
  恒例の「アルミ缶回収」を行います。
ご協力をお願いします。


○期日 平成29年9月2日(土)午前9時 (時間厳守)

○場所 ろう学校駐車場
 

週末、新人チームが始動 / チビッ子秋予選 GUTS戦、練習試合 浪岡南戦:一歩一歩 前進!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月 1日(金)07時23分28秒
  今日から9月、早いですね。ほんと、月日の経つのが本当に早いです。
日が暮れるのも、とても早い。もたもたしてたら、練習時間がほんのちょっぴり。時間を大事に練習しないと、練習している意味がなくなってしまうよ。
昨日の朝は、半ズボンから長いのに代えました。とても涼しくなりました。

週末は、
9/2(土) 13:00~「チビッ子秋季大会」予選 T.T GUTS戦:佃小
9/3(日) 10:00~ 練習試合 浪岡南戦                 :浪岡南小

いよいよ、新人チームがスタートします。
これまでも部員が少ないため、6年のキャプテンのみが外れるだけで試合ができるのですが、基本のキャッチボールができていないため、さらにはこれまでの守りのみでないと守れないため、思っている守備がまったくできていません。

描いていた青写真がまったくだめです。
やはり、まだまだ時期が早いと言うことでしょう。
でも、めげずに、一歩一歩 前に進んでいければと思っています。
 

9/23(土)~24(日) 「藤崎町体育協会長杯」に2度目の参加:来年も参加できるよう 一生懸命 頑張る!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 8月31日(木)07時22分7秒
  今日は8/31で、早いもので明日から9月に入ります。
今年も昨年に引き続き、藤崎町から(藤崎レッドファイターズ)から、「第7回 藤崎町体育協会会長杯少年野球大会」の招待の案内が届きました。早速、参加届け・名簿を送付しました。

この大会は、昨年初めて案内があり、参加しました。
昨年は9月に2日間で行われ、開会式を行った後、4会場に分かれて実施しました。
地元の藤崎レッドファイターズ、藤崎JBCの2チームを始め、近隣の弘前市、板柳町、田舎館村、大鰐町のほか、南部の八戸市、十和田市、野辺地町、七戸町などから、そして、青森市のヤンヤンで、参加チームは17チームでした。

今年の大会期日は、9/23(土)~24(日)の両日、8時30分から 藤崎町の「ライフコート平川野球場」で開会式が行われ、会場に分かれて行われる予定です。詳細については、今後 事務局から参加チーム、会場等の連絡が来る予定です。

昨年からの参加ですが、県内のチームと対戦でき、しかも、この時期数少ない6年生が参加できる大会だけに、とても嬉しく思っています。

今年は、低学年が主でパッとした試合ができなかっただけに、来年も招待できるように、持てる力をフルに発揮し、頑張っていきたいと思っています。

事務局の皆さん、よろしくお願いします。
 

キャプテンと一緒にやれる試合は残りわずか:新人チームが始動 / 力をつける!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 8月30日(水)07時29分59秒
  北朝鮮からのミサイル発射、被害がなくホッ!
避難と言われても、困難(どうすればいいか)。これが現実です。
でも、これから何があるかわからないですね。速やかな対応をお願いしたいです。

夏休みが終わり、8月末の土曜日の”夢のオールスター戦”、日曜日の最後の「ビッグウエストカップ」を終え、早いもので 週末は9月に入ります。

昨日は、6時過ぎと頃には、曇り空ではありましたが 辺りはとても薄暗くなりました。
「暑さ寒さも彼岸まで」と、7月夕方の明るさはなくなり、1日1日と日が短くなっていきます。
9月も日増しに日が短くなり、9/23の秋分の日を境に、暗いため 放課後のグランドでの練習はできなくなります。

これからの大会・試合は、
9/2(土) 13:00~「チビッ子秋季大会(新人)」予選 T.T GUTS:佃小
9/3(日) 10:00~ 練習試合(新人) 浪岡南                  :浪岡南小

9/9(土)~10(日) 「第10回 胆沢岩手ライオンズクラブ旗争奪大会」:奥州市胆沢区
9/23(土)~24(日)「第7回 藤崎町体育協会会長杯少年野球大会」   :藤崎町ほか
9/24(日)    「チビッ子秋季大会」予選 造道BBB             :造道小

キャプテンと一緒にやれる大会・試合は、残りわずかです。
同時に、キャプテンを除いた新人チームの試合が始まります。これまでの練習の成果をフルに発揮し、さらに練習を積み重ね、個々に、チームが力をつけていってほしいですね。
 

北朝鮮からミサイル3つに分離、襟裳岬東方1,180kの太平洋上に落下:怖いです!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 8月29日(火)07時18分8秒
  朝から、北朝鮮からのミサイル発射で持ちきりです。

【Jアラート国民保護に関する情報】
6:12 北朝鮮ミサイル3つに分離、襟裳岬東方1,180kの太平洋上に落下したものと

この時には、頑丈な建物、地下に避難してください。
どうしてできるでしょうか。でも、とても怖いです。

【政府】
情報集約・分析、対応を協議
国家安全保障会議を早急に開催

これまで数回ミサイル発射があったが、今回はこれまでにない、深刻・重大な事態。
この北朝鮮からミサイル発射の報道を見るにつけ、落ちてきたら大変だなと思うと同時に、まさか日本・青森には落ちるわけがないと、他人事のように思っている人がほとんどだと思います。

要するに、危機意識が全くと言ってよいほど持っていません。これも仕方がないことですが、こうした報道を受け、今一度 情報に留意しながら、少しでも危機意識を持つことが大事です。
 

タイトルの訂正

 投稿者:監督  投稿日:2017年 8月28日(月)07時42分53秒
  ひびのれんしゅWの削除 失礼しました!
 

”夢のオールスター戦” キャプテン M弘が受賞 / 3年T紀が敢闘賞:ひびのれんしゅw

 投稿者:監督  投稿日:2017年 8月28日(月)07時40分22秒
  週末8/26(土)に 「チビッ子野球 ”夢のオールスター戦”」が浜館小で行われ、キャプテンのM弘が投打に活躍し、昨年のヤンヤンの Hに続いて、「最優秀選手賞」を受賞しました。また、3年ながら先発出場したT紀が6年生を押しのけて、見事 「敢闘賞」を受賞しました。
ヤンヤンからの「最優秀選手賞」は。これで3人目。

翌8/27(日)に行われた「ビッグウエストカップ」最終戦 勝田クラブ戦:大野小 は、前日好投したキャプテンは制球が定まらず、残念ながら ●0-10(4回コールド)と敗退しました。

【第36回 ”夢のオールスター戦”:浜館小】
参加6チームの代表選手による東西対抗戦。
東軍 14人、西軍 14人。6年最後になるだけに、本来は6年生が代表。ただ、チーム事情により6年以外もありました。今年は、6年が24人、5年が1人、4年が1人、3年が2人の計28人。その中で、4年1人、3年2人はヤンヤンから。

キャプテンM弘は、先発投手。これまで、6年の捕手への投球はなく、守るメンバーもほとんどが6年。そうした安心感がこれまでにない投球ができ、規定による3イニングを浜館ジュニア等のメンバーを1点に抑える好投。打ってはトップを担い、先頭打者ヒット、そして、盗塁、ヒットで先取点を自らの足でベースを踏む。2打席目もヒットを放ち、4打数2安打の大活躍。
西軍が○8-2(7回戦)、文句なしの「最優秀選手賞」を受賞しました。おめでとう!

また、3年生ながら初出場を果たしたT紀。
先発出場したこと自体ビックリ。初回、大きなレフとフライを捕球。やったね!
初打席では、ショートへの内野安打。必死に走り1塁に生きました。わずか1打席でしたが、これまでの練習の成果をフルに発揮しました。あっぱれ!

チーム事情により、ヤンヤンからは6年のキャプテンのほかには、4年1人、3年2人の代表選手で、西軍の監督には迷惑をかけました。でも、キャプテンの先発投手、3年の先発出場と対応していただき、とてもありがたく思いました。

この「チビッ子野球 ”夢のオールスター戦”」は、今年で「36回目」を数え、子供達の友情・思い出づくり、そして、技術等の交流の場として、これを契機に大きく飛躍することでしょう。
この経験を後輩に伝え、来年再び ”夢のオールスター戦” 子供達と一緒に楽しみたいですね。

【ビッグウエストカップ:最終戦 勝田クラブ戦:大野小】
先発は、予定通りキャプテン。前日の好投をこの日も期待して臨みましたが、なかなかコントロールが定まらず、四球を出しては、難しいバウンドの内野ゴロで点を取られました。
また、打っては要所要所を押さえられ、結果は●0-10で敗退しました。

キャプテンのボールを受ける4年のK晴は、これまでになく体でボールを止めました。
大きな進歩です。まだまだですが、少しずつキャッチャーらしくなってきました。

「あおもりカップ」に続いて、「ビッグウエストカップ」を終えました。試合内容はお粗末でしたが、一歩一歩 野球らしく?なってきた感じがします。低学年でやってきたキャプテンは、これまでの辛抱が ”夢のオールスター戦”の「最優秀選手賞」の受賞につながったものと思っています。

キャプテンと一緒に練習・試合ができるのも、残り少なくなりました。
キャプテンの後姿を追い、これからも日々の練習を一生懸命頑張っていきましょう!
 

レンタル掲示板
/219