teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:141/2219 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「学童大会」1回戦 4/30(日)13:00 横内戦 市営球場:11:30~開会式、式後の1回戦 / 参加でき 感謝!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 4月17日(月)08時44分11秒
  通報
  昨日4/16(日)13:45~「あおもりカップ:初戦」浪岡北BBC戦が浪岡北小で行われました。
4月に入ってから、「三沢遠征」4試合、「ガッツ杯」2試合と6試合こなしてきましたが、まだ7回戦をやっていません。今もって、最後までの力を見ることなく途中で終わっていますので、唯一その点が心配でした。

この日はとても暖かかったのですが、風が強かったです。でも、浪岡北に移動してからは風はなく、まったく気になりませんでした。子供達には「最終目標は勝つこと」と言ってきました。

先攻です。初回表の攻撃です。
1番T紀が相手のエラーで出塁、盗塁し、2番は倒れましたが、3番キャプテンが今季初めての長打(2塁打)を放ち、待望の先取点をあげました。さらに3塁に進み、ピッチャーの暴投で難なく1点を加点し、この初回に貴重な2点を取りました。

裏は、みんなで必死に守りましたが、なんでもないエラーが出て、2点を許し同点とされました。2回には無得点、そして、守りでは相手打線を抑え、見事「0」で終えました。ところが3回には、懸念されていたキャプテンの制球が乱れ、四球から始まり、エラー、ヒットと続き、大量点を入れられ、終わってみれば●2-20の大差での初戦でした。

やはり、キャプテンの四球がポイントです。
この四球からエラー、ヒットが連なり、毎回大量点の原因となっています。極力点を抑えるためにも制球力を身につけ、1つでも四球を減らすことが勝利へ近づくことになります。

まだまだエラーが多いです。なんでもないエラーです。これも、キャッチボールができていないからです。でも、ファインプレーもありました。「よくとったー!」「よくアウトにしたー!」という場面もありました。何と言っても、初回の攻撃が圧巻でした。この後も、日程調整しながら、「あおもりカップ」・「ビッグウエストカップ」の予選にチャレンジしていきます。

先週4/15(土)に「学童大会監督会議」が開催され、42チームの参加で抽選が行われました。
その結果、4/30(日)の11:30~開会式、終了後直後の13:00~1回戦 横内:青森市営球場 と決定しました。これまで、開会式後の試合は初めてです。ヤンヤン・横内の敗者が この「学童大会」一番短い大会を終えることになります。無常・つらいな!

でも、開会式当日は毎年 市営球場バックネットの観客席が埋まるほど、多くの家族連れの観客が応援に来ます。その余韻を残しての第1試合となりますので、絶好の試合となります。

今年1番目標としてきた大会だけに、この晴れの舞台でこれまでの練習の成果をフルに発揮してほしいですね。今年で「44周年」を迎えますが、今年も灯火を絶やすことなく継続できホッとしています。今年もヤンヤンをみんなに見せることができ、とてもありがたく思っています。

一方、夜に今年で39年目を迎える「青森市チビッ子野球大会」の監督会議が行われ、対戦チームが決まりました。今年は2つ増え、6チームで優勝を競うことになりました。
ヤンヤン、小柳野球倶楽部、浜館ジュニア倶楽部、八重田GUTS BBC、(新)造道ベースボールボーイズ、奥内クラブの6チームです。

今回は春季大会の抽選で、今後は夏季大会・秋季大会(新人戦)、夢のオールスター戦、そして、今回の春季大会優勝チームは8月の県チビッ子大会に出場資格を得ることになります。
「学童大会」同様、「チビッ子大会」も大きな目標としています。

【学童大会組合せ:42チーム 抜粋」
1 今別   5/4(木) 9:00~スポーツ公園 2.3の勝者と対戦

2 ヤンヤン
3 横内      4/30(日)13:00 市営球場

※今年も優勝の候補とされる浜館は
34 佃
35 浜館  5/3(水)13:00~ スポーツ公園

【チビッ子春季大会組合せ:6チーム】
※5/14(日)開会式・予選、6/18(日)本大会(ブロック1.2位の4チームでトーナメント)

《Aブロック》
1 浜館ジュニア倶楽部
2 造道ベースボールボーイズ
3 小柳野球倶楽部

【Bブロック】
1 奥内クラブ
2 八重田GUTS BBC
3 ヤンヤン
 
 
》記事一覧表示

新着順:141/2219 《前のページ | 次のページ》
/2219