teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


週末「第7回 藤崎町体育協会会長杯」 2回目の参加 / チビッ子秋季予選 造道と対戦:キャプテンに恩返し!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月22日(金)06時57分49秒
  昨日、週末9/23(土)~24(日)に行われる「第7回 藤崎町体育協会会長杯」の書き込みをしたところ、今朝見たら全く書き込みされず、びっくり、がっかり!。

藤崎町で県内16チームの参加で開会式、藤崎町(ライフコート平川野球場)、弘前市(福村小・文京小)、田舎館村(田舎館小)の4会場に分かれて1.2回戦、2日目に準決勝、3位決定戦、決勝が行われます。

ヤンヤンは昨年に引き続いて、2回目の参加となります。
大会1回戦は、10:30~ 大成ファイターズと文京小学校(弘前市)で行われます。大成とは昨年12月に練習試合で対戦し、大敗しています。

この藤崎大会は、唯一6年のキャプテンと一緒にプレーできるのは最後となります。
これまで負け続けてきましたが、少しでもこれまでの経験を生かし、キャプテンに恩返しするつもりで、精一杯勝てるよう力を発揮し、最後の思い出に残る試合になってほしいですね。

昨日の書き込みで、組合せ、開始時間、会場等を書き込みしたのですが、今はエネルギーがありません。あしからず・・・。

翌日9/24(日)は、「チビッ子秋季大会 予選(2戦目)」造道BBB戦 10:00~造道小で行われる予定です。予選1勝できるよう頑張ってほしいですね。
 
 

S太先輩からいただいた「甲子園の土」を子供達に:励みに、新たな目標に向かって頑張る!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月20日(水)07時20分35秒
  9月に、この夏の甲子園大会に出場した青森山田高のOB3年のS太がやってきて、私に甲子園の土をお土産に持ってきてくれました。

この「甲子園の土」は、直径4センチ、高さ4.8センチの透明な小瓶に入っていました。小瓶には、くっきりとした赤い字で「甲子園」と描かれ、透明な瓶越しに見える黒っぽい土の上に映えていました。

「甲子園の土」を初めて手にするこの日には、小瓶に入った「甲子園の土」を、一人ひとりに手渡しして見てもらいました。私は子供達に「この土は、先輩が甲子園を目指し、これまで人に負けないくらい一生懸命努力した結果なんだよ」と、この土の意味を諭しました。

何とかこの土を子供達にあげることができないかと思案しました。もっと小さめの小瓶があればと探しました。すると、透明でちょうど良いものを見つけました。

それは、クリーム入れの小さな器です。回してふたが取れます。透明ですので、外からも見れます。そこで、ふたにシールを貼りました。そのシールには赤字で「甲子園の土」、そしてその下には黒字でS太先輩、29.8.18と記しました。8.18は青森山田が2回戦で敗退し、甲子園を去った日です。この器に「甲子園の土」を少しずつ入れ換え、部員の数だけ作りました。

先週、子供達にS太先輩からいただいた「甲子園の土」を一人ひとりに渡しました。
この「甲子園の土を見て、自分がもっともっと頑張ってほしいな。そして、県大会・全国大会を目指していければいいね」と。

子供達はどんな気持ちで受け取ったかは定かではありませんが、先輩からの励み、そして、自分の目標を改めて持ち、これからも大いに頑張ってほしいですね。

”S太、ありがとう!”

 

練習試合 奥内戦 送球のミスでピンチ:キャッチボールの大切さを実感!もっと頑張ろう!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月19日(火)07時08分8秒
  青森は、心配された台風の被害はごくわずかで、ホッとしました。
太陽が顔を出すなど、風がとても強かったです。

週末3連休で唯一試合ができた9/17(日)の奥内クラブ戦(新人戦)。
少しは期待しましたが、これまた野球にならず●0-22(7回戦)の大敗でした。

ピッチャーのT紀は、とても良かったです。
三振を取るも、降り逃げとなり、キャッチャーのファーストへの送球が悪く、打者は3進、ホームまで進み、三振が3塁打、ホームランになりました。初回に4回ほどあり、すべてが点につながりました。好投していただけにとても残念でした。

また、内野ではボールを取るもファーストへの送球が悪く2進、3進と自らのミスでピンチを広げる展開となりました。こうしたケースが多く、送球がしっかりしていれば試合は成り立つことを実感しました。

さらには、打てません。
ボールについていけません。まだまだ体力がなく、当てる技術、飛ばす力が不足です。
こればかりは時間が必要です。

今回、こうしたチーム事情にもかかわらず試合を受けてくれた奥内クラブの監督、選手の皆さんに深く感謝しています。

これまでも強く感じていましたが、特に今回の奥内戦ではより以上にキャッチボールの大切さを痛感しました。毎日のようにキャッチボールの大切さを指摘しながら練習を続けていますが、思ったように上達していないのがとても悔しいです。


今回、初めて7回戦ができました。しかも、3年の2人が投げぬきました。ビックリ!(ヤンヤンが先攻ですので実質2人で6イニング) こうした光景を見るにつけ、守りができればいいのにな!

でも、めげることなく、前へ前へと進んでいきたいですね。
今度の試合は、週末9/23(土)の「藤崎町体育協会会長杯」。6年のキャプテンと一緒にやれる最後の試合です。この試合では、キャプテンへの恩返しのつもりで守りのミスを少しでも減らしてほしいですね。
 

週末3連休の9/17(日)は、奥内と練習試合:試合とチーム力が呼応 / 恨めしい!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月15日(金)07時15分59秒
  昨日はろう学校で練習中、雷とともに豪雨となり、練習途中で解散としました。
午前も雨が降り、秋の空を象徴しているようでした。

週末3連休は、
9/16(土) 終日練習            :ろう学校
9/17(日) 練習試合 奥内クラブ戦:奥内小
9/18(月) お休み

昨年のこの時期は、くしくも奥内クラブと「ビッグウエストカップ」で2次予選で対戦していました。これまでも、まだまだ6年生の大会・試合がありましたので、バリバリ練習・試合をしていたものです。

今年は、チームのメンバーが少なくチーム力が弱いため、なかなか試合には恵まれていません。そうした背景が試合日程等と呼応しているのが、何とも恨めしい限りです。そんな中での奥内との練習試合は、とても嬉しいです。ありがたく思っています。

今、Jアラートが鳴り出し、再度北朝鮮からミサイルが発射されたとのことです。
ビックリ、怖いです。何とかこの不安を払拭してしてほしいものです。
 

チーム力がないため、練習試合の申し込みができない:とても辛い / 我慢して乗り越える!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月14日(木)07時14分18秒
  週末3連休は、唯一9/17(日)に、奥内クラブ(新人)と練習試合があります。

先週の岩手の試合を終えて、今年で26試合行いました。例年に比べれば、とても少ない試合数となっています。これも、メンバーが少なく低学年が主体となっていることが大きな原因です。

チーム力がないため、練習試合の申し込みもできません。
とても辛いことです。でも、今はじっと我慢して、乗り越えなければいけません。

週末の奥内クラブ戦は、チーム事情を理解しながらも受けていただき、とてもありがたく思っています。そのためにも、これまでのミス・エラーはできるだけなくし、少しでも試合らしくできればいいなと思っています。

大会では、強い弱いは関係なく試合を行うことができます。
でも、練習試合ではそれなりの試合内容であれば対応してくれますが、試合にならなければなかなか申し込みはできません。これが辛いのです。

昨日の練習でも、子供達は頑張っています。
「正面でとれ!」「動いて、取りやすいところで!」と、大きな声檄を飛ばしています。
一歩一歩 前に進んでいます。
 

元気を出して、目を輝かせる:うまくなるには 日々の努力しだい!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月13日(水)07時15分58秒
  キャプテンと一緒に野球をやれるのは、来週9/23(土)の「藤崎町体育協会長杯」だけです。

これまでも、キャプテンと一緒に20試合以上やってきましたが、低学年のため思った内容の試合をすることはできませんでした。ミス・エラーは仕方がありません。でも、6年に負けないくらいできるのは、声出し・元気さは頑張れるはずです。

なかなかその実行はできませんでした。試合に出れたと言う目の輝きは絶対に必要なことだし、大事なことです。

下手でも、元気があれば上手になる。
それも、努力しだいです。目標を持って、練習を積み重ねる。何と言ってもそんな日々の練習の積み重ねが大事です。いずれも、目を輝かせ、元気に頑張れば、自分の目標に一歩近づく、近づくことができます。

子供達には、早くこのことに気づき、自分の・チームの目標に向かって前進してほしいですね。そのためにも、みんなが1つ1つのことに対して目を輝かせながら一生懸命頑張ってほしいです。
 

子供達の目の輝きから元気をもらえる:野球で目の輝きを見たい / もっと野球を好きになろうよ!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月12日(火)07時09分49秒
  いつの時代でも、子供達の目の輝きから私達大人は元気をもらっています。

先週の盛岡市の動物園では、子供達は水を得た魚のように目を輝かせながら、さまざまな動物に対し興味を示し、興奮気味に右に左に動き回っていました。また、動物園にはわんぱく広場があり、長い滑り台、フィールドアスレチック、広場と遊び回るにこれほど適した場所はないくらい子供達の目はより以上に輝き、汗をかきながら遊ぶことができました。

この光景を見ながら、父母と一緒に「野球もこれくらい一生懸命頑張れば、うまく強くなるのに」と苦笑いしながら話をしました。

それもそのはず、岩手の大会で遊びの50%の目の輝き・元気さを出したでしょうか。
本来、大会が一番の目的だったはずなのですが、その力を大会では発揮できませんでした。やはり、子供達の幼さ、意識の低さに尽きます。

まだまだ練習・訓練が必要です。
まだまだ時間がかかります。でも、めげることなく、子供達と向き合いながら、1日1日と成長を見守っていきたいものです。もっともっと、野球を好きになろうよ!
 

9/9(土) 「胆沢岩手ライオンズクラブ旗」 1回戦敗退:もっともっと強くなって、来年も参加したい!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月11日(月)07時38分5秒
  週末9/9(土)の「第10回 胆沢岩手ライオンズクラブ旗大会」は、奥州市胆沢区 胆沢野球場で8時から開会式が行われ、ヤンヤンは 10時から1回戦 胆沢ジュニアと対戦し、残念ながら●0-9(3回)で敗退しました。

朝5時に青森インターを父母が見送りする中を、3台の車で、総勢14人で出発しました。
天気も良く、開会式ではキャプテンが昨年勝ち取った準優勝カップを返還し、こうして参加できる喜びをかみしめ、1回戦の胆沢ジュニアとの対戦を待ち望んでいました。

1会場でホーム側とセンター側との2つのグランドを確保し、2試合ずつ行われました。これまで、1回戦はホーム側で試合でしたことがありませんでしたので、気分的にとてもラッキーでした。

でも、気分とは裏腹に、試合内容は今年のこれまでの試合を反映するかのようにお粗末な内容で、1時間弱の試合時間で、3回コールド負けという悲しい結果となりました。朝早い時間で、高速道路を使った3時間の移動時間等、ハンディはありましたが言い訳にしかなりません。
まだまだ力が足りないと言うことです。

試合終了後、バックネット前に集合し、今回参加できたことへの感謝を、みんなで大会事務局にお礼を言いました。事務局から大きな拍手をいただきました。とてもありがたいことでした。
帰り際、私は事務局の皆さんへ、「お粗末な試合で申し訳ありません。来年もよろしくお願いします」と来年の大会招待を改めてお願いしました。

午後に交流戦ができればと思っていましたが、かないませんでした。でも、胆沢ジュニアの練習場所である南都田小学校のグランドをお借りし、1時間半ほど練習することができました。
午前の試合はわずか1時間だっただけに、午後の練習ができ、とても良かったです。

その後、常宿(北上市入畑温泉)に入り、お風呂、夕食、ミーティング、一発芸などで楽しみ、宿での生活を過ごしました。2日目は、予め心当たりのチームに交流戦を打診しましたが、既に日程が入っていましたので、この日は大いに楽しむことにしました。

盛岡市の動物園に車を走らせました。
猿を始め、象、ライオン、キリン、カバ、イノシシ、カモシカ、ムササビ、かわうそ、アメリカバイソンなど、広い敷地に数え切れないほどの動物がいて、子供達はもとより、私達大人も目を白黒し、普段見れない動物を堪能しました。

盛岡市のインターに入り、青森のインターには午後4時過ぎに到着しました。
今回は、大会のほかに動物園観光と野球以外に、みんなで楽しみました。なんか、子供達が楽しむ目の輝きが、ぜひともヤンヤンの練習で見せてほしいなとつくづく思いました。

2日間、何事もなく、参加してくれた父母3人の方には大変お世話になりました。また、早い時間にもかかわらず予定の時間に出発できたのも、父母のご協力の賜物です。
今後ともよろしくお願います。

最後に、来年も大会に参加できるように、もっともっと練習して、強いチームを目指していきたいですね。事務局の皆さん、来年もよろしくお願いします。ありがとうございました。
 

明日9//9(土) 「胆沢岩手ライオンズクラブ旗」に参加:一生懸命頑張る、そして楽しむ!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月 8日(金)07時25分16秒
  週末の明日から1泊で、岩手県奥州市に出かけます。
これまでになく参加者は少なく、総勢14人で乗用車3台で行きます。

「第10回 胆沢岩手ライオンズクラブ旗争奪少年野球大会」が奥州市胆沢区の胆沢野球場で開催されます。ヤンヤンは、今年で4回目の出場です。昨年、決勝で敗れましたが、今年は準優勝カップを持参しての参加です。

参加チームは8チームで、1日で終了です。
参加7チームは奥州市を中心としたチームで、県外は青森からのヤンヤンだけです。
8時からの開会式に出場し、10時30分からの1回戦は地元の胆沢ジュニアスポーツ少年団との対戦です。

岩手県のチームとは、平成17年から交流が始まり、当初から続いているのは一関市の一関ベアーズだけです。翌年 金ヶ崎町の太陽の子と交流を始め、太陽の子との交流ができなくなってからは、奥州市胆沢区の南都田(なつた)バファローズと交流してきました。この南都田が現在の胆沢ジュニアです。

こうした長い時を経て、岩手県のチームとの交流があり、さらには、4回目になるこの大会にも参加できるようになりました。昨年も会場を去る時に、事務局の方々から「ぜひ、来年も来てね」と温かい言葉をかけられました。とてもありがたいことです。

週末2日間、交通安全には十分気をつけて、これまでの練習の成果を岩手県のチームに見せることができれば、とても喜ばしいことですね。そして、昨年のようにまた「ぜひ、来年も来てね」と言われるように、頑張りたいですね。

さらには、普段みんなと泊まることがないだけに、宿でのひと時を楽しみ、子供達同士の交流もいっそう深めてもらいたいですね。
 

明日の書き込みは、お休み

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月 6日(水)15時06分26秒
  明日、出張が入りましたので、書き込みをお休みします。  

レンタル掲示板
/219