teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


2013夏 北海道ワークキャンプのお知らせ

 投稿者:Field Assistant Netwrok  投稿日:2013年 7月 3日(水)09時33分44秒
返信・引用
  初めまして。
Field Assistant Network の松下美希とお申します。

北海道自然保護ワークキャンプのお知らせでメールしました。

夏休みの約1週間前後を使い北海道の根室・ウトナイ湖・キナシベツ・鶴居において
学生ワークキャンプを行います。

対象地ではタンチョウやシマフクロウ、そのほか湿原性の鳥や貴重な自然環境を守る活動がされています。
今回はそのお手伝いをし、自然を守るとは何か?、また地域の人々とのかかわり方などを参加者全員で考えます。

・キナシベツ
【期間】8月中旬(8月14,15日からを予定)9泊10日
【作業内容】・春のWCで作成した看板設置
     ・観察路のルート作り
     ・過去にWCで作成した看板の回収、修理
     ・バラ線はり
     ・遡上調査
     ・昆虫層の調査
     ・野外セミナー
     を予定

・ウトナイ湖

【開催日】
8月22日から26日 or 8月29日から9月2日
→フェリー等を利用する関係で前後1日多くなる可能性があります。

【作業内容】
環境管理
 オオアワダタソウの抜き取りやセンター前の藪払いなどです。

・鶴居

【期間】8月下旬-9月上旬(8月26日頃からを予定) 5泊6日
【作業内容】・タンチョウの冬季自然採食地の整備
       . 作業小屋の資材の撤去作業(タンチョウが通るために撤去が必要)


・根室
【期間】9月2日(月)~9月8日(日)の1週間を予定
→作業内容や仕事量により、日程の短縮の可能性もあり
【作業内容】ワシタカ調査など

詳細が決まり次第、HPに更新します。
http://www.fa-net.org/


また、ワークキャンプ説明会を7月6日(土)に行います。
急ではありますが、興味を持っていただいた方はぜひご参加ください。

<2013年度夏ワークキャンプ説明会>
【実施日】7月6日(土)
【開催場所】大井町第2地域センター、第2会議室
【時間】14時から16時 その後、懇親会を予定。
【内容】各ワークキャンプ地の紹介

【集合】13時40分 大井町駅中央改札口


みなさまのご参加お待ちしております。

FieldAssistantNetwork
松下美希

http://www.fa-net.org/

 
 

海獣類シンポのお知らせ

 投稿者:シンポジウム事務局  投稿日:2011年10月24日(月)11時36分28秒
返信・引用
  またこちらに貼らせていただきます.

●第8回マリノサイエンス・フォーラム『海獣類が知りたい!』

【日時】
11月26 日(土) 10:30~16:00 ※開場10:00
【プログラム】
10:30~10:40
 開会の辞
10:40~11:10
 「遺伝子からみるイルカの色覚と進化」
 (講師:日本大学 生物資源科学部 助手 小糸智子 氏)
11:15~11:45
 「エサの食べ方からさぐるヒゲクジラ類の進化」
 (講師:群馬県立自然史博物館 学芸係 副主幹(学芸員)木村敏之 氏)
11:50~12:20
 「海の哺乳類の陸上生活=オットセイ繁殖島調査から見えて来たもの」
 (講師:独立行政法人水産総合研究センター 国際水産資源研究所
 外洋資源部外洋生態系グループ グループ長 清田雅史 氏)
12:20~13:30
 -昼食・休憩-
13:30~14:00
 「海岸に座礁や漂着した鯨類の対応 ~アクアワールド茨城県大洗水族館編」
 (講師:アクアワールド茨城県大洗水族館 海獣展示課 学芸員 酒井孝 氏)
14:05~14:35
 「サンシャイン水族館新水槽の紹介」
 (講師:サンシャイン水族館 館長 荒幡経夫 氏)
14:35~14:50
 -休憩-
14:50~15:20
 「鏡の中のわ・た・し-イルカ類の自己認知」
 (講師:東海大学 海洋学部海洋生物学科 教授 村山司)
15:30~16:00
 総合討論

【会場】
東海大学高輪キャンパス 2号館大教室[2B101教室](東京都港区高輪2-3-23)
【交通】
・JR・京浜急行「品川駅」下車、高輪口より徒歩約18分
・JR・京浜急行「品川駅」下車、高輪口より都バス「目黒駅行」に乗り「高輪警察署前」下車、徒歩約3分
・東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金高輪駅」出口1より徒歩約8分
・都営地下鉄浅草線「泉岳寺駅」下車、A2出口より徒歩約10分
http://www.u-tokai.ac.jp/info/traffic_map/index.html#takanawa

【参加費】
1000 円 ※当日会場にてお支払いください
【定員】
一般300名 ※先着順
【お申し込み】
事前に下記メールアドレスまでお申し込みください。
acad-marine@ml.tokai-u.jp(-はハイフン、lはアルファベットのエルです)
※「フォーラム参加」と明記し、お名前、ご所属、お電話番号をご記入ください。受付番号をyahooからのeメールにてお知らせいたしますので、当日会場にてその番号をお申し出ください。
※携帯電話のメールからもお申し込みいただけます。 なお、受信拒否設定されている場合は受付番号を交付できないため、受付できませんのでご注意ください。
※個人情報に関しては、本件以外の目的での利用はいたしません。また、本件終了後に破棄いたします。
【申込締切】
11月24日(木)17:00 必着 ※定員になり次第締切


 

相互リンク・部活サークル紹介について

 投稿者:タウン情報サービス 大石メール  投稿日:2011年 5月12日(木)15時51分58秒
返信・引用
  東京農工大学 野生動物研究会
ご担当者様

突然の書込み失礼致します。
新入学生・在学生向けの情報サイトを運営しております、
タウン情報サービスの大石と申します。
サイト内で、部活やサークルを紹介できるページを設けております。
無料掲載ページとなりますので、可能であればコンテンツのご協力を
お願いできませんでしょうか?
------------------------------------------------------------------------------
新入学生・在学生向け情報サイト
学生ウォーカー総合TOP
http://www.gakusei-walker.jp/
------------------------------------------------------------------------------
部活・サークル紹介ページ(例:早稲田大学の一覧になります)
http://www.gakusei-walker.jp/s/96/club/
------------------------------------------------------------------------------

- - - - - - - - - - - - - - - - - -
株式会社 タウン情報サービス
担当 大石
E-mail : oishi@town-joho.jp
- - - - - - - - - - - - - - - - - -

http://www.gakusei-walker.jp/

 

海獣類のフォーラムのお知らせ

 投稿者:実行委員会  投稿日:2010年 1月28日(木)11時41分2秒
返信・引用
  海獣類のシンポジウムのお知らせです.
掲載不可のようでしたら,削除いただいて構いません.

*************************************************************
このたび,下記の概要で第7回マリノサイエンス・フォーラム(旧称サテライトシンポジウム)「光と音で知る海獣類」を行います.
海獣類の生態や能力について「音」と「光」(視覚)を通して理解しようということを趣旨としています.

●第7回サイエンスフォーラム(旧称サテライトシンポジウム)
「音と光で知る海獣類」

・と き : 2010年2月28日(日) 10:30-16:00
・ところ:東京大学 弥生講堂 一条ホール(東京都文京区弥生1-1-1,東大農学部構内)
  地下鉄南北線「東大前」下車1分,千代田線「根津」下車徒歩約8分
   ※地図は http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/

<一般講演>(予定)
 10:40-11:10 ガンジスカワイルカは濁った水中でどのような行動をしているか
         -イルカ類の音響観測-  杉松治美(東京大学)
 11:10-11:40 野生イルカの鳴音と行動 中原史生(常磐大学)
 11:40-12:10 セイウチの音声弁別行動について-セイウチはヒトの言葉が聞き
         分けられるか!? 芦刈治将(鳥羽水族館)
 13:10-13:30 イルカも錯覚をおこす!? 村山 司(東海大学)
<特別講演>
 13:30-14:10 シャチの飼育とトレーニング 金野征記(鴨川シーワールド)
 14:10-14:50 一瞬をとらえる!-海洋ドキュメンタリー撮影裏話
                       松井忠彦(日本水中映像)
15:00-15:40 講演者・水族館と語ろう

○申し込み方法
・参加費:1000円…当日,会場にて お支払いください.
・下記まで メールにて お申込みください (「フォーラム参加」と明記し,氏名,所属,連絡のつく電話番号(終了後,廃棄します)).
 ※携帯電話のメールからも お申込みできます.
・受付番号をyahooからのメールにて送信します.その番号を,当日,会場でお申し出下さい.
なお,受信拒否されている場合は受付番号を交付できないため,受付できません

★申込み先アドレス acad-marine@ml.tokai-u.jp (- はハイフン,lはアルファベットのエル)
 ※締め切り: 2月25日17:00必着(定員220名になり次第,締め切ります.当日申込みは ありません.)

なお,同じものが,
http://www.scc.u-tokai.ac.jp/ocean/oe/2010.pdf
にもあります.

ふるってご参加ください.

※同じものを,誤って「雑談用掲示板」のほうへ掲示してしまいました.お詫びします.

*************************************************************
 

ガンカモティーチャーズガイド

 投稿者:RANGER  投稿日:2010年 1月13日(水)17時51分45秒
返信・引用
  【開催のご案内】
2010年2月13日(土)
身近な水鳥から始める環境学習講座
~ガンカモティーチャーズガイド講習会~

(財)日本野鳥の会が作成した、ガンカモ観察学習プログラム集
「ガンカモティーチャーズガイド」の体験学習講習会が開催されますので、
ご案内いたします。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

カモ類は、都市近郊の河川や池などでも見られ、初心者でも比較的観察がしやすい野鳥です。そんな身近な野鳥「カモ」を素材にし、(財)日本野鳥の会では、自然の関心を深めてもらうためのプログラム集「ガンカモティーチャーズガイド
」を作成しました。今までカモについてよく知らなかった方も、そうでない方も、実際にプログラム体験を通し、「観て・知って・伝える人」になってみませんか?

【日時】 2月13日(土)13時~16時(12時30分受付開始) 雨天決行
【場所】 都立東京港野鳥公園 (大田区東海3-1)
【対象】 自然の大切さを伝えたいと思う方・18歳以上の方
【定員】 20名(先着)
【参加費】 1,000円(テキスト代を含みます)
  ※この他に入園料300円(65歳以上は150円)が必要です。
【内容】 「ガンカモティーチャーズガイド」テキストを用いたプログラム体験
。(プログラムから、いくつかを取り上げ、実際に体験していただきます。)

【申込方法】 2月6日(土)までに都立東京港野鳥公園管理事務所に
       電話で申し込んでください。
       電話:03-3799-5031(9時から17時)
       ※月曜日は休園です。月曜祝日の場合は翌日休園となります。
【持ち物】 筆記用具・参加費・あれば双眼鏡・雨具
【主催】 財団法人日本野鳥の会

ガンカモティーチャーズガイドのプログラム詳細や、過去の講習会の様子
については、下記をご覧ください。
http://park15.wakwak.com/~wbsjsc/011/gtg/index.html
 

CCC2009/締切12/10

 投稿者:古樹恵  投稿日:2009年12月 2日(水)18時32分40秒
返信・引用
  外部にも宣伝した方が楽しそうなので、張らせて頂きます。
詳細は、サイトもご覧ください。

===
今年もクリスマスがやってくる!イルミネーション?ケーキ?..いや、CCCでし
ょ!!
□CCC2009 ~クリスマス・コーモラント・カウント~□

CCCとは?
漁業問題や糞害など、いろいろと問題視されているカワウ。このような世間から
冷たい目で見られているカワウに目を向け、自分たちに何かできないものかと考
えた末に立ち上げられた調査イベントです。今年で7年目になります。
Cormorantとは、英語で意味するところの「鵜(う)」です。ペリカン目ウ科の一
種、Common Cormorant 即ちカワウをカウントするというのがCCCのメインイベン
トとなります。
『カワウって何?』『調査なんか1度もやったことない!できるかなー?』
・・心配いりません!!!ベテランの調査員やカワウを始め鳥が大好きな人たち
が、カワウのことや調査のことを、わかりやすく教えてくれます。
毎年、沢山の学生、研究者、市民が集まり、カワウを通して、交流を深めていま
す。ぜひご参加ください。何度か参加されてる方も初めて参加される方も、沢山
のご応募お待ちしております!

以下、詳細です。

●開催日●
2009年12月20日(予備日12月23日)
会場近辺で前日の宿泊場所も用意しております。下記アドレスまでお問い合わせ
下さい。

●場所●
メイン会場:千葉県立行徳野鳥観察舎
クリスマス会場:行徳駅前公園研修室・2階小研修室

●プログラム(仮)●
□6:00~9:00
 早朝調査
□12:30~14:30
 カワウに関するミニシンポジウム
□15:30~16:30
 保護区・カワウコロニー観察会
□18:00~21:00
 クリスマス会(プレゼント交換、他)

●参加費用●
クリスマス会に参加の場合のみ必要となります。
*クリスマス会参加費用:1000円
*クリスマス会参加の際はプレゼント交換がございますので、約500円分のプレ
ゼントをご用意下さい。

●申し込み・問い合わせ先●
CCC2009実行委員会:ccc_2009_owner@yahoo.co.jp

シンポジウム・観察会のみへの参加は申し込み不要です。
早朝調査・クリスマス会への参加を希望される方は、ご面倒ではございますが、
件名「CCC参加申し込み」で、

1.氏名
2.性別
3.所属
4.パソコンのアドレス。
5.携帯電話のアドレス。
6.携帯電話の番号。
7.住所
8.参加したい時間帯。
9.行徳野鳥観察舎友の会の会員であるかどうか。
10.行徳野鳥観察舎発行『すずがも通信』の、CCC報告掲載回分をお受け取りにな
るかどうか。
11.過去にCCCへ参加したこと、あるいは鳥類のカウント調査を経験したことがあ
るかどうか。
12.調査当日の移動手段(車、自転車、徒歩など)

以上の項目をご記入の上、上記アドレスへお申し込みください。
参加締め切りは12月10日です。

なお、すべての個人情報はCCC2009の運営以外には一切使用いたしません。

●主催●
東京農工大学有志、帝京科学大学有志、日本獣医生命科学大学有志、NPO法人行
徳野鳥観察舎友の会、NPO法人バードリサーチ

それでは、ぜひご参加下さいませ!

http://www.geocities.jp/ccc_christmas_cormorant_count/ccc.hp.html

 

自分のための防忘メモ

 投稿者:RANGER  投稿日:2009年11月24日(火)23時12分47秒
返信・引用
  演者のキャロラ・ハースさんは、米国コーネル大学でモズの個体群研究によって博士号を取得したのち、学振のポスドクとして日本で2年間を過ごしました。これまで一貫してモズ類を対象に、個体群や行動生態関連の研究を続けてきています。興味深い話が聞かれると思いますので、ぜひご参加ください。

●期日:12月1日(火)午後6時30分~
●場所:農学部一号館地下、生圏システム学専攻会議室
 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_07_01_j.html
●演者:キャロラ・A・ハース(バージニア工科大学准教授)
●演題:Dispersal behavior of a migratory songbird, the loggerhead shrike
(渡り性鳥類アメリカオオモズの分散行動)
●概要: 分散行動は、鳥類の個体群動態の中でもっともわかっていない側面で
ある。これは単に、鳥たちの行動を広範囲にわたって追跡するのが困難だからで
ある。このセミナーでは、アメリカ合衆国北部の草原で実施した長期にわたる標
識調査と、最近のテレメトリー調査の結果にもとづき、アメリカオオモズ
(Lanius ludovicianus)の分散行動について紹介する。アメリカオオモズは継時
的一夫多妻の配偶様式で繁殖する動物食の小鳥である。営巣場所は繰り返し使わ
れるが、場所に対する個々の鳥の執着性は高くない。これまでの調査により、一
繁殖期の中での異なる巣の平均距離は500m以上、異なる年の営巣場所間の距
離は3000m以上になることがわかっている。これらの結果を、渡り性の小鳥
の分散や繁殖行動についての最近の新しい考えと合わせて議論する。
●この件についての問い合わせ先:樋口広芳(higuchi@es.a.u-tokyo.ac.jp)
●その他:参加自由
 

コンサート

 投稿者:RANGER  投稿日:2009年11月24日(火)23時03分28秒
返信・引用
  ・…・…・★☆★ コ ン サ ー ト の ご 案 内 ★☆★・…・…・

 『Amour de la mer ~アムール・ドゥ・ラ・メール(海に愛を)~』
  -------------------------------------------------------------
                http://www.wbsj.org/event/kanmuri.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          コンサートにご来場の皆様全員に
  カンムリウミスズメのストラップ(OKANMURI)をプレゼント!
・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

 ~「大海原に生きる小さな生命の物語」~

 カンムリウミスズメは世界でも日本近海にしかいない小さな海鳥。
 人も寄せ付けぬ離れ小島で生まれたあとは、一生を大海原で過ごします。

 しかし、その海が、開発や海洋汚染などによって傷つき、
 カンムリウミスズメはその数を減らしています。

 このコンサートは、オカリナ、チェロ、ピアノ、映像と語りによる
 カンムリウミスズメをテーマにした音楽物語です。

 人知れず姿を消す前に、知って欲しい、私たちのことを。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■コンサート日程詳細
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・…

 【日 程】2009年12月6日(日)
 【開 場】15:30
 【開 演】16:00(公演時間は約90分)
 【会 場】ニッショーホール(東京都港区虎ノ門)
 【内 容】第1部=「アムール・ドゥ・ラ・メール」
      第2部=「地球の見る夢」
 【入場料】大人1,000円、子ども(小・中学生)500円 ※小学生未満は無料
 【主 催】日本野鳥の会
 【協 賛】(社)昭和会館・農林中央金庫・丸和油脂(株)
      伊藤忠商事(株)・池野通建(株)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■チケット購入場所
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・…

 ●『セブンイレブン』(マルチコピー機設置店舗)
 ------------------------------------------------------------------
 ●『ampm』(CNぷれいBOX設置店舗)
 ------------------------------------------------------------------
 ●『CNステーション』
 ------------------------------------------------------------------
 ●『CNプレイガイド』TEL:0570-08-9999
 ------------------------------------------------------------------
 のいずれかにてご購入いただけます。


 \\<お問合わせ>はこちら↓まで! //

  日本野鳥の会 会員室メディアグループ TEL:03-5436-2632
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■プログラム内容
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・…

 ■□■―――・…
  【第1部】「アムール・ドゥ・ラ・メール」

 カンムリウミスズメをはじめとする海洋に暮らす多様な生き物たちと、
 その海を取り巻く問題を、美しいスライドと音楽、メッセージ性の高い
 語りで紹介します。

 演出:牛山剛(テレビ朝日『題名のない音楽会』元音楽プロデューサー)
 写真:高砂淳二(小学館『free』他)ほか

 ■□■―――・…
  【第2部】「地球の見る夢」

 海とカンムリウミスズメと少女が登場する物語「ワイルド・バード・
 シンフォニー第2番『地球の見る夢』」の音楽劇を行います。
 オカリナ等の音楽と映像による、海と鳥と人の物語です。

 作・演出:宇井孝司(映画『葉っぱのフレディ』監督他)
 絵:華鼓(主婦の友社『赤ちゃんを小さな人と感じたら…』他)
 ナレーション:なかじまゆうゆ(声優)

 ▼こちらから、詳細をご覧いただけます。
  http://www.wbsj.org/event/kanmuri.html


 =================================
 ■発行者:財団法人 日本野鳥の会
 ■住所:〒141-0031 東京都品川区西五反田3丁目9番23号 丸和ビル3・4F
 ■TEL:03-5436-2620
 ■FAX:03-5436-2635
 ■URL:http://www.wbsj.org/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 

11/23(月祝)代々木公園巣箱かけ教室+Young他

 投稿者:古樹恵  投稿日:2009年11月11日(水)20時29分32秒
返信・引用
  毎度お邪魔します。
ヤン探のお知らせです。

詳細は、

11/23(月祝)代々木公園巣箱かけ教室+Young
http://yantan.seesaa.net/
http://yantan.seesaa.net/article/132102497.html

普段、うかがい知ることが難しい野鳥のお宅を拝見!
使い終わった巣箱の中を見ることで、より野鳥の生活が身近に感じられますよ!

また、やど研の「あ○む」氏の発表が、11/18にあります。
ヤン探に興味のある方は、あ○むさんから、直接聞くか、下記mixi内をご覧ください。
(おそらくやど研ですでに発表されている内容だとは思いますが、ぜひ!)

さらに、次回12/16は、CCC2009直前報告でやど研の「T」さんのお話が、聞けるはず。
よかったら、ご参加ください!

尚、RANGERさんが、宣伝下さった、
NPO法人行徳野鳥観察舎友の会(千葉県市川市)は、第5期インターン
の中間発表が、ヤン探とかぶって11/23に開催されます。
来年のインターンを考えている方は、こちらへの参加もお勧めです。
詳しくは、やはりやど研の「T」さんなどに直接聞いて頂ければありがたいです。

Mixi内に「Young探鳥会」コミュニティーあります。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2621162

詳細は、イベントURLをご覧下さい。
http://mixi.jp/view_event.pl?id=36696880&comm_id=2621162
http://yantan.seesaa.net/

http://yantan.seesaa.net/

 

ライチョウ

 投稿者:RANGER  投稿日:2009年10月 2日(金)23時08分25秒
返信・引用
  「日本のライチョウは守れるか?~山で増やすか、飼って増やすか~」

「第10回ライチョウ会議東京大会」は、11月3日(火・祝)に東京大学弥生講堂一条ホールで開催されます。
地球温暖化によるライチョウ生息域の減少をはじめ、ライチョウを取り巻く問題に時間の猶予はありません。”市民向け”とありますので、多くの皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

〈講演会〉
「ライチョウを取り巻く課題」
〈シンポジウム〉
「日本のライチョウは守れるか?~山で増やすか、飼って増やすか~」
〈講演〉
「日本のライチョウの現状と課題」(中村浩志氏/信州大学教育学部教授)
「域外保全の課題」(伊東昌義氏/恩賜上野動物園飼育展示課長)
「ライチョウと文化について」(国松俊英氏/作家)
「日本のライチョウと山」(柳生博氏/日本野鳥の会会長)
「域外保全事業の現状と方針」(塚本瑞天氏/環境省野生生物課)

●応募方法
ハガキ、ファックス、メールのいずれかで、下記事項を明記して申し込み下さい。(締め切り:10/16 応募多数の場合には抽選)
・「第10回ライチョウ会議東京大会」
・希望者全員の氏名・年齢(学年)
・代表者の住所・氏名・電話番号
〈はがき〉
110-0007 台東区上野公園9-83 東京動物園協会 ライチョウ会議シンポジウム 係
〈ファックス〉
03-3828-8237
〈メール〉
lagopus@tokyo-zoo.net

お問い合わせ
東京動物園協会 協働事業係
03-3828-8235
 

レンタル掲示板
/10