teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


修正版有難うございます

 投稿者:Kaori  投稿日:2007年12月 8日(土)14時30分23秒
  机庭球様、こんにちは。
MAPの方をわざわざ修正していただきまして
有難うございます。
1.28バージョンが出たときに上書きしたんですが…。

再ダウンロードもしたこどですし、一回しかやらないなんて
もったいないのでキャラ並べ替えや入れ替えして何度も遊んでみようと
思っております。

P.S これから寒い日が続くので机庭球様の風邪などには
十分お気をつけくださいませ。
 
 

プレイ報告ありがとうございます

 投稿者:机庭球  投稿日:2007年12月 7日(金)23時25分35秒
  ご無沙汰しております。

色々シナリオをプレイしてくださり、ありがとうございます。
しかもありがたいお言葉まで…本当に嬉しいです。
「悪魔と帝王」も最初発表させていただいた時は
「何言われるんだろう」とドキドキしておりましたが…、
多くの方からKaoriさんのように温かい言葉をいただけて一安心したシナリオでもあります。

そして「新月の塔」のプレイとご感想をありがとうございます。
月並みだなんてとんでもありません。
探索と戦闘(救助)がメインのシナリオである以上、
その3拍子が揃っていると言って頂けるのはこの上ない喜びです。
ありがとうございます。

地図に関してですが…うーん、マスしか表示されないと言うのも不思議ですね。
エフェクトブースター非対応エンジン…というわけでもなさそうですし。
地図に関するご報告をもう一件頂いていることもあり、
エフェクトブースターからbmp画像へと変更しようと思います。

これからも細々と頑張って行きますので宜しくお願いします。
ご感想ありがとうございました!
 

新月の塔プレイしました

 投稿者:Kaori  投稿日:2007年12月 7日(金)01時25分49秒
  机庭球様、こんにちは。こちらの掲示板に書き込みさせていただくのは
五月のバグ報告以来ですが、今まで机庭球様が作られた
シナリオは(少年の詩以外)ほぼプレイしました。
「空白の時間」も面白かったですし、「新人と私」もわくわくしながら
プレイしました。「悪魔と帝王」もお気に入りのPCでプレイしてみました。
このストーリーの主人公はちょっと悪役っぽいので
最初は自分のPCが合わないんじゃないかと危惧しましたが
実際プレイしてみると全然そんなことはく、逆にハマリ役だったようで
凄く楽しくプレイさせてもらいました。こういう主人公キャラもいいですね~

それから新シナリオの「新月の塔」も久しぶりにわくわくしながら
(シナリオの説明文を読んでみてプレイする前から面白そうだなと
思い、わくわくしました。)プレイしました。
実際にプレイしてみての感想は…満足度を(最高)100だとすると
90%満足してます。

月並みな言葉で申し訳ないんですが「ハラハラ・ドキドキ・ワクワク」
が三拍子揃った内容だと思います(私的にですが…)
ただちょっと気になったのが地図の表示が四角いマスしか
表示されないんです。HPの更新を見ると「致命的バグ修正」
とあるのでもしかしたら修正済みなのでしょうか?

長くなってしまいましたが机庭球様の今後のシナリオも
期待してます。では失礼しました。
 

申し訳ありませんでした。

 投稿者:机庭球  投稿日:2007年11月26日(月)21時45分33秒
編集済
  ご指摘があるまで気付きませんでした、本当にすみません。
不躾だなんてとんでもありません。
自分がのほほんとし過ぎている性格らしく周りからも「お前マイペース過ぎだから」とよく言われるぐらいなので…、気付かれた事があったらどんどん言って頂いて大丈夫ですよ。

遅くなりましたが、返信の方もさせて頂きました。
もし見られないようでしたらお手数ではありますが「play-table-tennis&mail.goo.ne.jp」(&の部分はアットマークに変更してください)に件名に「返信の件」、本文に「返信願い」と一言書いていただければ、同様の返信をさせて頂きますので宜しくお願いします。

色々とご迷惑をお掛けして本当にすみませんでした。
 

ぶしつけですが…

 投稿者:Mah  投稿日:2007年11月26日(月)06時51分25秒
  そちらのブログに「新月の塔」の感想を
非公開で書いたのですが、見えましたか?
 

ご意見ありがとうございます

 投稿者:机庭球  投稿日:2007年11月 3日(土)22時29分8秒
  まさか読んで下さっていたとは…感謝です。

「白い心」に使われていたのは全く気付かなかったです。
探索系シナリオにチャレンジする事もあって
改めてアンチクリックシステムの項目を読み返し「盗賊団のアジト」も昨日プレイし、
桐島龍生さんの言っていた通りの長所と短所を感じました。
(シナリオ自体はすっきり纏まっていてちょっとした時間に遊べる感じでよかったです)

SIGさんのシナリオは「硝子月」しかプレイしたことがないのですが…
なるほど、その方法は素晴らしいですね。
似たような感じで、
更にアンチクリックを混ぜた感じの「調査」にしてみようと思います。

確かに全エリアの「調査」は面倒臭いですよね。
ロングシナリオの探索になればなるほど「作業感」が否めないと言うか…。
むしろその地味さがカードワースの冒険者像なのかもしれないと言われれば
そうなのかなとも思うところはありますけど…
上手く端折れる所は端折る、それでもって探索の自由度を表現できれば面白いのかなと思うのですが…。
うーん、それは贅沢なのかな、…やはり(笑)

「判決の時」も未プレイだったりします。
参考の為に「シュメリアの遺跡」も合わせていつかプレイしてみようと思います。

私などの為にご説明をありがとうございました。
改めて「アンチクリック」の良さを感じました。

でも…決して私は「机庭球様ほどのレベルのシナリオ作者」なんかではありません。
文章力は低いし、演出力もないし、難しい事出来ないし、プレイしたシナリオ数も少ないし
……ええ、まだまだ青くさいんです(笑)
システムを考えたり、現在のCWに関する状況を冷静かつ適切に見据えられる
桐島龍生さんのほうがよっぽど素晴らしいと思います。

今回もちょっとズレているシナリオの予感ですが、完成まで頑張ろうと思います。
この度は本当にありがとうございました。
桐島龍生さんもシナリオ・エッセイと頑張ってください。
楽しみにしております。
 

私が考えたシステムについて

 投稿者:桐島龍生  投稿日:2007年11月 3日(土)12時00分53秒
  考案者自身、つい先程まで忘れていました……。
実はこのシステム、私のシナリオの「白い心」にも使われていますが、明らかに一人専用シナリオ向きだったりします。
一人なら、扉や宝箱をクリックした際メンバーを選択する必要がありませんので……。

やはり、罠に適用するのはやめておいた方がいいかもしれません。
私の知人は「盗賊団のアジト」で、大抵の罠に引っかかってしまったらしいですし……。

単に調べる回数を減らしたいのなら、「何かある」所でだけPCにそれを感じ取らせる方法があります。
傷薬が転がっているエリアに来ると「……何かありそうだ」などとPCが喋り、その場でだけ調査カードが出る、といった方法です(SIG様の「シュメリアの遺跡」で似たようなことをやっています)。

ただ、私は基本的に、全エリア調査自体に批判的なのですよ。
「調査」をクリックして「何も無い」を繰り返すだけでは何のためにクリックしているのか分かりませんし、場合によっては高いエンカウント率以上に面倒です。何十エリアも調査するのに見合った拾得物は必ず必要になります。
また、もしも食堂のテーブルの上に堂々と載っている宝箱の存在に、PCが部屋を詳しく調査するまで気付かなかったら明らかに不自然になるわけです。全エリア調査を施しているシナリオ作者がそのことを認識しているのか、私としては疑問に思ったりします。
そもそも、全エリア調査は不自然な行動なのだと思っています。みょしだ様の「判決の時」というシナリオをやっていただければ分かると思いますが、各エリアをくまなく調べるという行動には、本来合理的な裏づけが必要なのです。
例えば、道に小さなコインが落ちていることを知っているならば、各エリアを詳しく調べる理由が存在するわけです。

……色々と書きましたが、要するにシナリオ作者は自分の頭で色々なことを考えねばならないのです。
尤も、考えすぎるとかえってプレイヤーにとって迷惑になったり、作者が萎縮して個性が失われたりするのが難しいところですが。

机庭球様ほどのレベルのシナリオ作者に、私みたいなのが色々と言うのもおかしなことですが……私が考えたシステムに興味を持っていただけたのは、とても嬉しいです。
これからも是非頑張ってください。新作に期待しています。
 

ご報告ありがとうございました。

 投稿者:机庭球  投稿日:2007年 9月26日(水)23時32分14秒
  ご無沙汰しております。そして早速のプレイとご感想をありがとうございました。
仰るとおり、バグに違いありません。
修正したものをただ今再度アップさせていただきました。
今度は大丈夫じゃないかと思います。

雰囲気作りって頑張っても上手く行かない気がしているので、
なかなか良いといっていただけると本当に嬉しいです。

確かに子供でレベル8ってある意味脅威ですよね。
そんな子供とは関わりたくない(笑)
 

「少年の詩」について

 投稿者:桐島龍生  投稿日:2007年 9月26日(水)20時32分47秒
  お久しぶりです。
新作完成おめでとうございます。まだ途中までしかやっていないのですが、なかなか雰囲気の良いシナリオだと思いました。
……なぜ途中までかというと、首領の部屋に忍び込んで鍵の入手に失敗した際、鍵を手に入れないまま部屋を立ち去ってしまい、部屋に戻っても「用はない」というメッセージが表示されてしまうからです。多分バグだと思うのでご報告いたします。

以下は余談ですが……。
使用したのがたまたまレベル8の少女PCだったのですが、さすがにレベルが高すぎた気がしています……。
子供でもレベル10になるCWの仕様のせいですが、ある意味レベル11以上の大人よりも超人的ですよね……。
 

ありがとうございます。

 投稿者:机庭球  投稿日:2007年 9月25日(火)22時18分6秒
  こちらこそはじめまして、そしてありがとうございます。
素晴らしいだなんて…いや、本当に恐縮です。
なんかやりたいようにやっているので、
「これでいいのかなぁ、まあいいか」と思いながらホームページにあげていたりするのですが(笑)
2作とPCのタイプがかなり固定されてしまっているので
色々と不安はあったのですが…その様に言って頂けて光栄です。
新作の方は大分形になってきました。
近いうちにあげられると思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

本当にありがとうございました。
 

レンタル掲示板
/8