teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 私がこんなに怒るのも・・・、

 投稿者:加里屋さろんweb管理人  投稿日:2012年 5月 8日(火)21時54分39秒
返信・引用
  「怒りの観光客」さん、せっかくの赤穂訪問が台無しになったようで、大変お怒りのご様子、お気の毒さまでした。
ただ、私自身も縁あって赤穂に住んだことがあり、赤穂を離れても愛着を持っている身として、「怒りの観光客」さんには、赤穂に名誉挽回の機会を与えるべく、いずれ再訪していただければと思います。
 
 

私がこんなに怒るのも・・・、

 投稿者:怒りの観光客  投稿日:2012年 5月 8日(火)10時04分49秒
返信・引用
  尾崎M さん、私がどうしてこれ程感情を剥き出しにしたかと言うと、

昔、赤穂に住み、赤穂に対して“古里意識”を持っているからです。
赤穂には古い友人もいます、また、小さな店で偏屈親父が美味いものを出すところも知っています。
今回は人数も多く、そういう店には収まりにくかった事や、移動の関係もあって、地元の方も認めるこの店にしたのです。 ところが前記の様な結末と成り、失望が怒りとなった次第です。

今回の“怒り”は、「自分に対する他人の評価を気にする、次元の低いものである」と言う事は否定できません。その点私も「未だ、人生修行が足りぬな!」と反省しなければなりません。

今回の事は要するに、提供するサービスの、こちらの基準と相手の基準が、掛け離れすぎたと言う事でしょう。 それは認めるとして、先日、奈良・春日大社の“藤”を見に行った際に、行きつけの和食レストランで、食べた昼食は今回の怒りの対象のものより、250円も廉く、味も良く、同行の家族も満足していました。

私も商売人として、40数年間を生きて来ましたが、今現代に於いても変わらぬ物は、客から受け取った「対価」を上回る物を提供して、顧客を満足させようと言う、“商人根性”です。此れをどんなに世知辛い世の中になっても、忘れてはいけません。

考えてみれば、日本人がこう言う「意気地」を忘れたからこそ、今の日本に成ってしまったとも言えますがね。
 

申し訳ございませんでした

 投稿者:尾崎M  投稿日:2012年 5月 8日(火)07時45分42秒
返信・引用
  怒りの観光客さま

 赤穂に引っ越してきて約20年の主婦です。
 どこのお店かわかりませんが、赤穂の印象が悪くなったのなら、一市民として申し訳ございませんでしたと、謝るしかありません。
 おいしく丁寧なお店に出会いがあり、怒りが静まりますように。
 

ペテン商法

 投稿者:怒りの観光客  投稿日:2012年 5月 1日(火)14時14分13秒
返信・引用 編集済
  つい先日、赤穂の郊外で有ったイベントに、グループで行った際、昼食に或る「食事どころ」を利用しました。
事前に出向いて食事内容も確かめ、値段も決めていざ当日に臨んだのですが、出てきた物は実に貧弱な内容の物で、前評判とは裏腹な食事をグループの皆にさせる結果と成り、引率者として申し訳なく見事に面目を失墜させられました。
何と言う酷い商売の遣り方であるのか、一見の客にはこの様な仕打ちをするのが赤穂の商人なのか!
全く以って、誠実さのカケラも無い遣り方に唖然としましたが、其処以外に今更変えるところも無く煮え繰り返る腹を抑えて支払いを済ませ、その場を立ち去りました。
こんな事では以後赤穂の町に付いて良い評価を他人に話す事は出来ません。否、悪い評価しか話さないでしょう。
この少し前に、相生の奥、「スプリング・8」の或る町の大学付属施設のレストランで食べた食事のほうが数倍美味しく内容も充実していて値段も安く満足出来ました。
「覆水盆に還らず」今更どうしようもない事ですが、この事は決して忘れません。今後私は赤穂の町に付いてどうしても良いうわさを他人に話す事は無いでしょう。

「悪事千里を走る」と言いますが、一人の不心得者が万人に害を及ぼすと言う事を、どうぞ肝に銘じて置かれます様に。

と、ここまで書いて、この掲示板の以前の投稿を見ましたら、結構タチの悪い方もいらっしゃる様で、「ああ、そうか!この町はこうなのだ!」と合点した次第。 信じた私が悪かったと言う事でしょう。
 

Re: 7月23日

 投稿者:qPjpKxYaDwrlP  投稿日:2012年 4月24日(火)14時06分11秒
返信・引用
  > No.1071[元記事へ]

I'm out of leauge here. Too much brain power on display!
 

Re: ききづてならぬうわさ

 投稿者:みとこうもん  投稿日:2012年 3月15日(木)11時05分29秒
返信・引用
  > No.1076[元記事へ]

そうですね。一度市役所に投書してみます。投書箱って設置されていますよね。
アドバイスありがとうございます。
 

Re: ききづてならぬうわさ

 投稿者:加里屋さろんweb管理人  投稿日:2012年 3月14日(水)19時55分3秒
返信・引用
  この掲示板を見てくれている人が最近どれだけいるかわかりませんが、^^;
そういうことでしたら市役所の担当に直接言われるなり投書するなりされたほうが
早いんじゃないでしょうか。

ところで、私も通勤定期や出張の新幹線切符はクレジットカードで買うので、
結構ポイントが付いていると思うのですが、それもダメなんですかねえ~。

前に、国家公務員が飛行機で出張するときにマイルを貯めるのは問題だから、
マイルを付けてもらわないようにしたというニュースを聞いたことがありますが、
公務員じゃないからいいっか。
 

ききづてならぬうわさ

 投稿者:みとこうもん  投稿日:2012年 3月12日(月)12時00分44秒
返信・引用
  まちづくり会館の運営は、市からの補助金が出てるって思うのですが、(市民の税金)
まえまえから悪いうわさがでています。会館に関係の無いテレビを購入して、エコポイントを自分のポケットに。また、会館の備品を自分のものに。これって横領ではないでしょうか?一度調べられたらいいとおもいますけど。
 

忠臣蔵-絆-ラン

 投稿者:加里屋さろんweb管理人  投稿日:2011年12月 9日(金)21時29分11秒
返信・引用
  今年はないんだと思っていた忠臣蔵-絆-ラン。
今、楽松師匠は赤穂を目指して走っておられるようです。
(加里屋さろん.comあてにメールをいただきました)

「絆」という言葉が今まで以上に重い今年、師匠のブログを見ながら応援しましょう。

<走る落語家三遊亭楽松師匠のブログ>
http://blog.goo.ne.jp/rakumatsu
 

Re: 第8回遊加里たうん商店街のキャンドルナイト

 投稿者:加里屋さろんweb管理人  投稿日:2011年12月 9日(金)21時25分18秒
返信・引用
  遊加里たうん商店街さん、レスが遅くてすみません。
また、今年も冬のキャンドルナイトお疲れさまでした。

今年の3月の震災と原発事故の影響で、
しばらくこちらはこちらは計画停電や夏の節電で大変でしたが、
この冬はそれほどでもないのか、クリスマスのイルミネーションなども結構見かけます。

一方、関西ではこの冬10%の節電なんだそうですね。
ピークカットだけならそれほどでもないでしょうが、
トータルの節電だといろいろ影響があるかもしれません。

何かと考えさせられる今年のキャンドルナイトです。

 

レンタル掲示板
/64